びゅう 列車で行く温泉特集
Google

2008年09月05日

祖師谷温泉21

IMG_0392祖師谷全体.jpg
住宅街のマンション1Fにある祖師谷温泉21

IMG_0393祖師谷入り口.jpg
入口で入浴券を買う(サウナ付680円)

祖師谷2].jpg
普通のローカルな銭湯を思いだします

IMG_0398祖師谷休憩室.jpg
休憩室は男女各室と全体に一つあります


先週は祖師谷へ行ってみました。

電動チャリンコを目一杯充電し、岡本から砧公園へ坂道をすいすい昇る、この電動チャリンコもう、4年くらい乗ってるが、故障なし、充電器も普通は2年くらいで交換するらしいが調子は上々。

明電舎(明電舎の子会社:明電エコドライブ社)が開発した、坂道でエンジンブレーキがかかり、充電すると言う、

新幹線の技術を取り入れた特許製品である。

環八を甲州街道方面へ行き、小田急線が見えて来たら砧2丁目を左へ、まっすぐ行くと、祖師谷大蔵駅が右手に現れる。

いろんな商店街を眺めながら、進んでいく楽しい光景は自転車ならではのもの。

今回は祖師谷21という住宅街に温泉が湧き出ているということで行ってみることにした。

場所はなかなか説明しにくい、祖師谷大蔵駅から5分と書いてあるが、どこをどう行ったものやら、いろいろ狭い道を来たので分からない。車じゃ、ここはなかなか難しいと思う。

開業して48年の有名な温泉なので人に尋ねたら誰でも教えてくれる。

あちこち回って1回、人に尋ねてようやくたどり着いた。
マンションの1Fである、ほんと、住宅街の真ん中にある。土日はかなり混雑するそうで僕は日曜の5時くらいだから、一番ピークかもしれない。

駐車場は有料時間貸しパーキングで38台くらい停められる。

そしがや温泉利用者は70分無料になる。それ以降は20分100円。

中へ入ってみると、街中の銭湯より大きく、最近のスーパー銭湯より狭く小さい感じ。

さすがに最近のスーパー銭湯とは比べられないが安くて近場にある温泉ならgoodではないか。

内風呂は男女各5つ、水風呂各1つ、サウナ男女3つ

温泉はPH8.3 色はコーラ位だろうか、匂いも無し、5つの内風呂には電気風呂、シルキーバス、
温泉風呂、ジャグジー、普通のお湯の5つであるが、電気風呂は慣れないと刺激が強く感じる。

温泉はアルカリ性のちょっと多めの海水の数値である。

滑らかさはそんなに感じないがゆっくり足を伸ばせない狭さなので、どうもその辺が気になる。

サウナは12〜13人で一杯、電球が1つでテレビ無しだから目のやり場に困る。

向かいの中年男性は腕に刺青が入れてあり、目が合ってしまって、つい目をそらすと下半身に目が行く。

サウナは遠赤外線と書いてあるが、芋に遠赤外線で焼くとほっかりほかほかで旨い芋になるらしいが人間を焼いたら一体どうなるんだろう。

遠赤外線…この言葉の響きが何とも体に効きそうな感じであります。

それと、冷凍サウナとやらに初めて入って見た。

冷凍と言ってもクーラーが効いてるだけの個室で−10℃と書いてあったが温度計は2〜3℃となっていた。それも、一人しか入れないのでサウナから上がって、タイミングよく入れれば良いのだが、混んでいてなかなかうまく入れない。やはり空いている時が狙い目か…

どの風呂に入っても人がいっぱいなのでのんびりといった寛ぎ感はまったく無い。

日曜の一番ピーク時に来たのでしょうがない。

早めに上がり、休憩室でマッサージ器を利用、まあ、祖師谷という土地柄、老若男女、小さい子供までこの辺によく密着した感じの祖師谷21温泉でありました。


営業時間:14:00〜24:00(年中無休)
料  金:¥400  サウナ利用者は¥680
駐 車 場:有料時間貸しパーキング(38台) 温泉利用者は70分無料それ以降は20分100円。


源泉名 : 祖師谷温泉
湧出地 : 東京都世田谷区祖師谷3丁目36番22号
源泉名 : 18.1℃  pH  8.3  褐色澄明殆ど無味無臭
禁忌症 : 急性疾患(特に熱のある場合)、活動性の結核、悪性の腫瘍、重い心臓病ほか
適応症 : きりきず、やけど、慢性皮膚病、冷え性、神経痛、筋肉痛、関節痛ほか
泉質 : ナトリウム−炭酸水素塩冷鉱泉(低張性・弱アルカリ性・冷鉱泉)
 
※ 祖師谷温泉は含有成分により温泉法の定める療養泉に指定されています。

※pHの値には0〜14までの目盛りがあり、7を中性もしくは化学的中性点とも言います。

7より小さくなるほど酸性が強く、7より大きくなるほどアルカリ性が強くなります。

水にはその性質により酸性・中性・アルカリ性の3つがあり、祖師谷温泉のPH値8.3は少しアルカリ性と言えよう。


posted by ユキさん at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
img017.jpg
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。