びゅう 列車で行く温泉特集
Google

2009年05月05日

山菜狩りの後、立ち寄る津久井町「いやしの湯」

090504_151634.jpg
いやしの湯入口には 新鮮な採りたての竹の子、ふきが売られていた。
竹の子のキングサイズで350円!(安い!)  ふき100円

津久井癒しの湯.jpg
露天の檜風呂


090504_160540.jpg
露天のそばに作られた庭

癒しの湯内湯.jpg
檜の内湯 源泉湯は32度でぬるめだ。

090504_160807.jpg
サウナは撮れなかったが2段のタワー型サウナだった。
(水風呂は20度)

脱衣場癒し].jpg
脱衣場もこの程度なら問題なし!


津久井町「いやしの湯」




ゴールディンウィークの真っ只中、みなさんどのように過ごされていますか?

僕は車で過ごすことが多いのですが、渋滞や人の混んでいるところは行きたくないですね。

昨日、5月4日は天気晴れ、いつもの若者(?)4人で山菜採りに行ってきました。

上野原でスナックをやっている友達が実家に山をもっていて、
そこでワラビ、竹の子、ふき、ウド、タラノメ、ふきのとう
などが採れるのです。

場所は中央本線藤野駅の方面なんですが、山なもので場所ははっきりとはわかりません。

藤野の山に民家がポツンとあって、小さな小川も流れ、魚も泳いでいました。

以前もたずねたことがあり、栗をたくさん拾ってきたのでした。

都会に住んでる我々には夢にまで出てくる光景です。


ここまで書き込んで大変申し訳ありませんが、

この話は別のブログで紹介しておりますのでここでは

山菜狩りの帰りに寄ってみた津久井町 青根緑の休暇村「いやしの湯」をご紹介いたします。


この「いやしの湯」は昨年4月に一度紹介させていただきましたが、
当時は露天が岩風呂でサウナもドライサウナでしたね。

つまり今日は入れ替わった、露天が檜風呂の方をご紹介いたします。



この連休で、家族連れでごった返す入り口で3時間600円の入浴料を

購入、その男風呂の暖簾をくぐった瞬間、以前とは別の温泉に来た様に

思った。リニューアルをしたのだと思った。

サウナもタワー型で12〜13人入れる。水風呂も設置され、内風呂も

檜風呂で全体がとても明るい。

露天風呂も檜でなかなかGOODではないか!

以前来たときの印象とは全然違っていた。

やはり、入れ替え制でバランスをとらなくとも

どちらも来てみて良かったと思う様にしてほしいと思うのでした。

泉質はPH値9.2の硫酸塩泉アルカリ温泉(低張性アルカリ性温泉)泉温は地上で38.1度

無色透明の天然温泉ですが塩素系の消毒っぽい匂いが強いように思う。



神奈川県 津久井温泉

青根緑の休暇村いやしの湯【いやしのゆ】

神奈川県津久井郡津久井町青根807−2
042−787−2288

営業時間 10:00〜21:00

定休日 火曜日(祝日の場合は翌日)

料金 3時間 600円
   1 日 900円

泉質 カルシウム・ナトリウム−硫酸塩泉 [ 温泉分析書 ]
種類 男女とも、内湯2、露天1、サウナ(水風呂)

休憩所 あり
付属施設 食堂、個室
駐車場 60台


posted by ユキさん at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉 日帰り温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
img017.jpg
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。