びゅう 列車で行く温泉特集
Google

2009年12月02日

「湯めみの丘」のあとの「みたまの湯」

山梨で日帰り温泉ランキング1位の「湯めみの丘」へK子と一緒に行き、泉質を充分堪能してきたところで
もう1軒、「みたまの湯」へ寄ってみました。

みたま2修正.jpg
みたまの湯の眺望


さて、施設はイマイチだったが、k子と仲良くおそばを食べ、「湯めみの丘」をあとにした我々は
快晴の南アルプスへ車を向けた。

天井のサンルーフをオープンにすると
温泉で温まった身体に秋のそよ風が心地よい。

K子は以外にも「湯めみの丘」を気に入ってる様なので少しホッとした。


車中ではいろいろと話が盛り上がり、甲斐の街を走りながら次の温泉へと話も進んでいくのでした。

091103_121807.jpg
甲斐の町はのどかで「みたまの湯」の近くはこんな感じだ


みはらしの丘 「みたまの湯・のっぷいの館」

みたまの湯全景_121758.jpg
全景

ここの特徴は、「フォッサ・マグナ(大地裂帯)」の大景観を、一望できる標高370メートルの丘陵高台に位置した、
「みはらしの丘大展望露天風呂」で、露天風呂からの眺望は絶景であり、南アルプス・八ヶ岳連峰・関東山地の
山々の大展望と眼下の“百万ドルの夜景”を一望できる。

みたま修正].jpg
絶景の一言につきる!

しかし、泉質というとやっぱり、「湯めみの丘」にはかなわないと思う。
ここは、以前に何度も行った世田谷「瀬田温泉 山河の湯」のような色と匂いだと思った。

濃いめのコーラ色にガス臭がほんのり香る。温泉の実感のする、硫黄の匂いはしない。

ここの人気の理由というのは眺望のすばらしさだろう。

本当にすばらしい景色である。温泉に浸かりながら南アルプス・八ヶ岳連峰を眺めているとすべての悩みが小さく思え、気持ちが大きくなって来るようだった。

雲ひとつと無いこんな日に、温泉に浸かれることに感謝しありがとう。と言いたい!

今度来る時は、もう一度K子と“百万ドルの夜景”を見に来たいと願う、楽しい楽しい祝日の一日でした。

湯からの眺望122912.jpg
この日は、快晴で雲ひとつない天気に恵まれた

みたまの湯露天.jpg
昼の眺望も最高だが、是非もう一度 夜景も見に来たい!

脱衣場_130714.jpg
脱衣場は手ごろな広さといったらいいのだろうか

みたまの湯全景内湯.jpg
まだ新しい建物なのか全体が明るく広い

休憩室_131945.jpg
今日は祝日のせいか、混雑していてどこも一杯だった

メニュー_131818.jpg
メニューは豊富だったが僕らは別のレストランを探すことにした


 〒409-3611 山梨県西八代郡市川三郷町大塚2608番地
 電話:055-272-2641
 FAX:055-272-2633

休館日 年中無休

開館時間 午前10時〜午後11時

入館料  大人:750円 小学生:500円
小学生未満:無料



レンタルタオル有り(フェイスタオル50円・バスタオル100円)

交通機関 ・中央高速道 甲府南インターより15分

・JR身延線「甲斐上野駅」下車(タクシーで10分)

・甲斐上野駅から無料送迎バスあり
(土・日・祭日は運行なし)


施設  大露天風呂、浴室(中高温浴槽・サウナ・水風呂)、脱衣室、休憩スペース

屋外農産物直売所 イベント広場

駐車場:145台収容(無料)
posted by ユキさん at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉 日帰り温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
img017.jpg