びゅう 列車で行く温泉特集
Google

2010年10月24日

長野須坂「古城荘」で1泊の名湯めぐり

10月2日(土)
長野須坂「古城荘」で1泊、名湯めぐり

ぶどう3.jpg
たわわに実ったぶどう、1房食べただけで腹いっぱいになる。

古城荘.jpg
130年の歴史を持つといわれているここ、古城荘へ宿泊しました。

日帰り予定で長野五色温泉まで来て見たが、時間が足りなく1泊を決行!
相方と共に信州へ温泉とぶどうを求めて訪ねて来たが、友人のぶどう園で時間を取り過ぎて、須坂市「古城荘」にて宿泊することになった。

僕らの目的は温泉なんだが友人は、わざわざ須坂へ訪ねて来てくれたんだからと、あちこちと気を使いぶどう園を細かに紹介しながら温泉旅館まで紹介してくれ、いささか辟易の態もなくはなかったが折角の好意に甘んじざるを得なかった。
運営者5.jpg
友人の兄の、おじいちゃんとぶどう狩りのお孫さん



そんなことで、本日はぶどう狩りを終えて、須坂「古城荘」を紹介もしてみたいと思います。

風呂は簡単に言って、上と下の2つにあります。
宿泊者用と日帰り用とに別れているのかなとも思いましたが、どちらも利用できるようなのでお得感がある。
四万温泉「積善館」などでは、はっきり宿泊客と日帰り客とは区別し、宿泊客しか入れない露天風呂がある。やはり宿泊客にはゆったりのんびりと入っていただきたい、という意識が強いのだろうか。一流と呼ばれる旅館ほど区別度は高いように思う。その辺の敷居を低くしたら利用客も多くなり、旅館業も忙しくなるのでは…と思う。
五岳の湯.JPG
北信濃五岳の眺めは絶景!上の露天風呂「五岳の湯」

源泉9.jpg
無色透明、無味無臭 内湯の観音湯は硫黄の香りはなし!がっかり

観音湯1.jpg
上の観音湯  内湯は下のほうが広くて気持ちが良い

源泉7.jpg
硫黄の香りに誘われてここまで来たのに…どうしても五色温泉と比べてしまう

男湯暖簾3.jpg
下への大浴場へはこの男湯の暖簾をくぐる



下露天1.jpg
下の露天風呂は上より狭いので、下の内湯を上に持っていけばいいのに…と思うが簡単にはいかないか!

下脱衣場6.jpg
下の脱衣場


この須坂「古城荘」、上は露天の「五岳の湯」、内湯の「観音の湯」の2つ、下は大浴場、ミストサウナ、五岳の湯より少し狭い露天風呂の3つである。掛け流し、浴槽内濾過循環

泉色は無色透明、無味無臭でここが同じ長野とは思えない。硫黄の香りはほとんど無しでがっかり!

泉質:単純温泉(弱アルカリ性低張性低温泉) 
泉温:/源泉25.5℃
湧出量:157ℓ/分
PH値:8.3
適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔、冷性、疲労回復等

でも、純和風の眺望の良い部屋でゆっくり寛げたことは本当によかったと思った。
思う存分呑めたお酒も、旬の地元の素材を生かした夕食も、久々にのんびりとした須坂の「旅」を感じさせる満足いく思い出となりました。

古城荘客間からの眺望8.jpg
北信五岳の勇壮な山容を存分に堪能することができる、客間からの絶景!


床の間9.jpg
今ではあまり見られなくなった、床の間に掛け軸

夕食6.jpg
旬の地元の素材が満載の豪華な夕食!

朝ご飯6.jpg
朝食もこれまた旨かった。特にご飯は、3杯いただきました

古城荘庭園9.jpg
ロビーからのすばらしい眺めの庭園


ロビー8.jpg
立派な日本庭園を眺めながらコーヒーでも飲みたくなる
〒382-0012

 須坂温泉 古城荘 須坂市大谷町 5414
 TEL 026-245-1460 FAX 026-248-1630
 [ 営業時間 ] 6: 00 〜 21: 00
  日帰り [ 料金 ] 大人 500円、子供(小学生以上) 300円、幼児 100円
  ・ 日帰り料金 部屋使用料 1500円(一人)
  ・ 日帰り料理 3500円から(部屋代・入浴料込み)

宿泊・・ウイークデイサービスプラン(古城荘まんじゅう付)

11,650円(バス・トイレ付き)
9,550円(トイレ付き)
7,450円(トイレ無共同)
消費税・入湯税込み料金 ( 土・休前日2,100円増)35室 145名

同級会・研修会・会議・パーティー・サークル活動・発表会・慶事・法事などに

日帰り・・ご宴会プラン(昼10:00〜3:00、夜5:00〜)
和風会席 3,695円(酒1本付)〜4,220円(酒又はウーロン茶1本付)
松花堂弁当 2,120円、2,645円、3,170

車    上信越道須坂長野ICより車で10分
鉄 道  長野電鉄線須坂駅より山田温泉行きバス7分、須坂温泉入り口下車、徒歩5分・タクシー利用で10分

ネットでウィンドウショッピング
http://www.jp-koukoku.com


posted by ユキさん at 13:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 温泉 日帰り温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
顔にモザイクなどをしてはいかがでしょうか。それでなくても世界中に“裸”が公開されているのですから。
Posted by at 2010年10月25日 23:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
img017.jpg
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。