びゅう 列車で行く温泉特集
Google

2012年10月30日

子育て中のママのストレス解消に亀有「明神の湯」

明神入り口.jpg 明神の湯看板.jpg 明神8檜.jpg

2012年10月12日(金)PM17:00
会社の帰り、渋谷で待ち合わせて孫と娘の3人で足立区大谷田の明神の湯へ行ってきました。
孫は7月で1歳になったばかりのまだオムツの取れない幼児です。

ここは2年前に一度訪れていて、なかなかいい泉質で気に入っています。幼児も入れる施設が整っているので紹介がてらに行ってみようと思いました。

本当は土曜の休みに1日一人でじっくり、のんびりと浸かっていたいと思ったのですが、子育て中の娘に、ストレス解消にはうってつけの良い温泉施設を教えたかったのです。

電車で1歳児をおとなしく乗せるにはちょっとしんどかったが渋谷から表参道で千代田線に乗り換え、あとは1本で37分ほどで亀有下車、タクシーで10分、何とか子供は寝ていてくれたので助かったが今度来るときはやっぱり車で来ようと思った。

渋谷からトータルで50分ほどだったろうか、大谷田温泉「明神の湯」へ到着!
18時であった。

到着後、すっかり腹がへってしまって、まずは腹ごしらえとなり、酢豚定食とホッピー(ビールのような炭酸系のものと焼酎で割る飲み物)に天麩羅のおつまみを食べた。空きっ腹にホッピーが染み渡る。
ほっピー_0689.JPG 酢豚定食0690.JPG 天麩羅.jpg
ホッピーのファンは多いのだ!      酢豚定食           つまみの天麩羅


腹ごしらえの後の入浴はイマイチ気分が良くなかったがサウナで汗と酒を絞り、水風呂へと入ると気分は爽快度200%となっていた。
脱衣場.jpg 洗い場.jpg 大ヒバ湯.jpg
結構広い脱衣場            洗い場は少しコンパクト      ひば湯は手前があつ湯

そのあと、浴槽全体が天然ヒバで出来た大ヒバ湯へ…濃い茶系の温泉で海水の様に実にしょっぱいのである。内湯の天然ひば風呂に使われている源泉は、塩分と鉄分がひじょうに豊富な"熱の湯"と呼ばれる泉質で、天然ナトリウム塩化物強塩温泉(弱アルカリ性高張性温泉)である。

高温サウナ.jpg 源泉蒸し風呂.jpg かけ湯と水.jpg
高温サウナ              源泉蒸し風呂        かけ湯と水風呂  

その濃い成分が体に付着する事で保温効果に優れ、冷え性やお産の後、痔、やけど、傷などの皮膚疾患にも大変効能があると言われている。特長として湯上りにややべたつく感があるが、乾くとさらっとし、いつまでも湯冷めせず、お肌にすべすべ感を与える。
寝湯.jpg 人肌の湯.jpg ヌル湯.jpg
   寝湯             人肌の湯               ヌル湯

露天風呂へ移動すると、もうすでに陽は暮れていて照明が月明かりのようにも見える。
檜の湯、薬師の湯、人肌の湯などとてもここが都内とは思えないひなびた温泉地のような錯覚を感ずる。


薬師の湯.jpg 檜の湯.jpg 明神の湯全体.jpg
 薬師の湯            檜の湯               露天風呂全体



風呂から上がると、子供も遊べるゲームコーナーや大人が寛げる畳部屋、リクライニングマッサージ機、そして別棟には髪きり処と…雰囲気はアットホームな小さな会社が運営しているようだが実は共立メンテナンスという資本金1億円、東証1部上場100%出資の子会社、株式会社共立フーズサービスが運営しているのでバックボーンはしっかりしている会社なのである。

そんな雰囲気はフロントや厨房、従業員の振る舞いなどに感じられる、実におすすめなスーパー銭湯なのです。

亀有:大谷田温泉「明神の湯」
住所 〒120-0001 東京都足立区大谷田1-18-1
電話 03-5613-2683
営業時間 10:00?24:00
最終入館受付23:00
休館日 第3火曜日(祝日の場合は翌日が休館日)
※設備点検のため年数回休みあり
駐車場 駐車場完備90台(無料)


posted by ユキさん at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉 日帰り温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
img017.jpg
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。