びゅう 列車で行く温泉特集
Google

2013年05月05日

リーズナブルな湯河原の1泊2日旅行

2013年5月5日、<旅行日1月27(日)、28日(月)>

オレンジドームゆがわら.jpg
宿泊先のオレンジドームゆがわら全景

カラオケルーム.jpg
カウンターバーも常備、自慢のカラオケルーム

客間_1515.jpg
日本の和室客間の典型だね!どこも一緒!(別に悪くもないが…)

日にちが前後してしまいますが、いつもの友達6人+その友達2人の合計8人で湯河原へ
1泊2日で行ってきました。
仲間の1人が電気健康保険組合の保養施設を利用できると言うので、予約をとってもらい
とてもリーズナブルな料金で泊まることが出来ました。

大型免許を持っている仲間の運転で、大型のミニバスで道中は和気あいあい。
天候にも恵まれ、最高の温泉旅行を楽しむことが出来ました。

車内では、出発から缶ビールを飲みっぱなし…運転手には申し訳ないっす(ゴメン)

湯河原は箱根と同様に東京から気軽に日帰りでも行ける距離で、誰でも1度は行ったことのある温泉地である。

東名で厚木ICを小田原厚木道路〜小田原西ICを降りて20分ほどで湯河原だが渋谷をAM10時に出発し、のんびり行って2時間ほどで到着してしまう。

私たちは途中、真鶴の自然と食文化をめぐる「真鶴さんぽ」と決め込みました。

小田原西インターを出て国道135号線を西へ向かう。
すると間もなくキラキラと輝く海が左手の車窓いっぱいに広がる。

このあたりは夏は渋滞が名物となるところだが、渋滞もなく進むと間もなく真鶴港だ。
のどかな風景、そして磯の香りが心を癒してくれる。
人口8500人弱の小さな町だが魚と自然に恵まれた、のどかにゆったりと流れているような町だ。
漁港1415.jpg
天気は晴れ!のどかな真鶴漁港

真鶴港から遊覧船にてダイナミックなクルージングと海から展望する景勝三ツ石を計画していたのだが、残念なことにこの日は休業で、岸壁から遊覧船を眺めるだけとなった。

せっかく来たのにこの残念な気持ちをどこにぶつけたらいいのだろうか、船乗り場の向かいの店でとりあえずは腹ごしらえとなりました。

宿泊先へ到着する前に途中で美術館へよったり、真鶴半島の突端の三ツ石海岸へ寄ったりと天気に恵まれた旅行はどこも素晴らしかった。
三石_1448.jpg
真鶴半島の突端の三ツ石海岸

また、どの景色もプロの写真家が撮ったような素晴らしい出来栄えに満足、満足でした。
(空気が澄んでいて空が青いと写真がきれいに写るのだ)

到着したのはチェックインを少し過ぎた4時ころだった。思ったより新しい建物と近代的な洋風デザインが一際目をひいた。なかなかの施設じゃないか!と温泉の期待度もあがる。

しかしこう言った電気健康保険組合系の保養施設は温泉施設だけにウェイトをかけられないので、大体が可もなく不可もなくといったところが多いように思う。
内湯470.jpgミストサウナ_1473.jpg
無色透明無臭の温泉は可も無く不可もなく! ミストサウナはあるがカビ臭かった。

カラン_1472.jpg
カランは6つ

そんなこんなとあれこれ考えながら浴衣に着替えて、すぐに風呂へ直行!
男湯と女湯の暖簾はどこぞのスーパー銭湯と変りはないが少しコンパクトな雰囲気。
入浴室は10坪ほどのスペースに浴槽は12〜13人ほどでばいっぱいか…。

泉質はナトリウム・カルシウムー塩化物・硫酸塩泉
弱アルカリ性 低張性 高温泉 PH値8.
無色透明無臭だが、温泉らしさのない温泉である。

特に特徴のある温泉ではないし、露天風呂やジャグジーもあるわけでもなし、やっぱり可も無く不可も無い予想が当たったようだ。

内風呂のみと思ったが畳半畳ほどのスペースに椅子が2つ置かれたミストサウナ室があった
のは良かったんだが、なかなか温まらずカビ臭さも加わって最悪!

今回は温泉で期待することではなく、カラオケと料理で期待させてもらうことにした。
ワイン1492.jpg
夕食はまずまず…リーズナブルさからみれば豪華と言える!

夕食1487.jpg
こちらは縦に盛り付けるのが主流!

刺身_1483.jpg
刺身は鯛の白身で上から順に…

夕食焼き魚1489.jpg
ぶりの照り焼きと赤ワインは合わなくもない

夕食1491.jpg
腹にふくらまずよかった。でんぷん質に竹の子が挟んでありました。

デザート1523.jpg
みかんも工夫の調理をすれば良いフルーツに…

デザート_1501.jpg
見た目にきれいでかわいい最後のデザートで締め!

オレンジドーム ゆがわら
住所:神奈川県足柄下郡湯河原町宮上字孫込下733-10
■電話番号
0465-63-8001

■施設概要

10畳×10室、食堂、風呂×2(温泉)、駐車場
■宿泊定員
40名






posted by ユキさん at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉 日帰り温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
img017.jpg
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。