びゅう 列車で行く温泉特集
Google

2007年09月02日

相模原 やまとの湯

ヤマトの湯.bmp
やまとの湯全景

今回はつるつるの湯をご紹介する予定でしたが、本日友達とを相模原のやまとの湯へ行ってまいりましたので急遽変更となりました。つるつる湯は次回とさせていただきます。申しわけありません。

内湯.jpg
内湯

入会手数料は200円※年会費は無し よく行くなら会員がお得!

地下1400メートルから掘り当てた天然温泉である。泉質はナトリウム・塩化物・炭酸水素塩温泉で、源泉温度30.8度。低張性温泉なので温泉成分が穏やかにからだに浸透していく感じで溝口温泉「喜楽里」みたいに肌がつるつるする。色は薄い珈琲風、匂いはあまりしない、「喜楽里」はガス状な匂いがして温泉の感じが強いがここはあまり匂わない。風呂は露天岩風呂と露天つぼ湯、室内に「じんだら湯」、ジェットバス、深風呂、シエイプアップバス、スーパージェットバス、おすすめのサンクブローバス(5連式ノズルから噴出される秒速11メートルの水圧が体のあちこちを刺激し、ここちよい)
露天岩風呂.jpg
露天岩風呂

つぼ湯.jpg
つぼ湯


座マッサージ、スチームサウナ、タワーサウナ(トルマリンパワーの効果があると言われるトルマリンを設置)、そのあとに入る備長炭水風呂が気持ちいい。

浴用の適応症:神経痛・筋肉痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・慢性消化器病・慢性婦人病・痔・冷え性などである。

東名横浜町田ICから旧国道16号線沿いに鎌倉街道を過ぎてからすぐだからと言われても16号線と聞くと混んでるという発想しか浮かばない私にとって、いらいらのつのる道程であった。
オープンして2〜3年目くらいの建物だろうか、何か同じような建物を見たような感じのつくりである。

タワーサウナは少し広めのスペースで段差が4〜5段あり、それぞれの段差で好みの温度を選ぶのでタワーサウナと呼ぶのである。夕方4時ころはあまり混んでなかったが5時すぎになるといつの間にかサウナ室は一杯になっていた。マットは適当にチェンジされ、なかなかGOODである。
露天では大人一人が入れるつぼ湯に親子3人で入ってる風情がいい絵になっていた。もう一つの岩風呂は41度で加温されているが、ホントに穏やかな肌につるつるする湯である。

さっぱりとした爽快感と、体内からぽかぽかとしたあったかさで風呂から上がると、9月の夜風がやけに冷たく感じた。
その後、久々に友達と食べた寿司もまた格別の味で、すっかりリフレッシュした充実な一日であった。


TEL.042-701-4126 http://www.yamatonoyu.co.jp 大型駐車場完備
朝9:00〜夜24:00まで営業


一般/平日700円・土日祝800円 (会員はそれぞれ100円引)
こども/350円     400円 (     〃      )








posted by ユキさん at 02:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
img017.jpg
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。