びゅう 列車で行く温泉特集
Google

2007年10月18日

厚木 七沢温泉

img017.jpg


先週、いつもの友達3人で富士川へ行ってきました。生憎の天候で富士山は見えなかったが、おにぎりにおつまみを作ってきてくれたので久々にピクニック気分を味わうことが出来た。富士川では鮎釣りをする人が6〜7人いたが、年々魚が釣れなくなってきているそうである。やっぱり、川が汚くなってくると魚も住みづらいのだろうか。

川原で食べるおにぎりは格別なものがありました。

食事を終えた後はこの辺の温泉に行きたかったが、どう道を間違えたのか、東名高速を東京方面へ戻ってしまってるではないか。
しょうがないので途中、厚木で降りて七沢方面へ行き、1〜2軒良さそうな温泉を探した。しかし、七沢は結構古い温泉地で、旅館はひなびた旅館ばかりである。我々は宿泊ではなく入浴だけなので本当の料理やサービスには味わえないが、丹沢山系をゆっくり散歩がてらに一泊して、のんびりと体と気持ちを癒すには良いのではないだろうか。

我々が決めた温泉は東京から一番近い自然の温泉、「全国名湯百選、美肌の湯ベスト9」のふれこみの「七沢荘」である。
ここは15年前から何度か子供を連れてきたことがあったのである。
かなり古いが、増築やら、波動温泉やらが加わって、昔とは一味も二味も味わい深くなっていた。昔の受付は、オーナーの弟か親戚か知らないが、目つきのギョロリとした少し怖そうなおっさんが立っていたものだが、今は、どこかの旅館から派遣されてきたような少し神経質そうなおっさんでした。

お湯に浸かるとこれはびっくり、昔よりツルツル感が増したような湯である。石鹸がいつまでも洗っても取れないような、湯のなかではヌルリと言うか、ツルリと言うか全国名湯百選・美肌の湯ベスト9と言われることはあるのかな、と思う。

お湯から上がってもぽかぽか感は消えない。家に帰って寝る頃まで消えないというのはやはり名湯なんだろうか。

場所:神奈川県厚木市七沢1826番地 
TEL: 046-248-0236
URL: http://www.tanzawa.or.jp/~nanasawa
大人:1000円


posted by ユキさん at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
img017.jpg
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。