びゅう 列車で行く温泉特集
Google

2008年03月08日

第三京浜 港北インター前「港北の湯」

perth_furo.jpg
2ヶ月に1度行く「港北の湯」は透明度10CMの黒湯である

towersauna.jpg
混んでるときでも大型5段式サウナは広くて気持ちが良い

tuboyujpg.jpg
ピークは午後3時〜4時の、2つの壷湯は親子で浸かれる

横浜市都筑区本町248
TEL045−470−0026


交通:第三京浜、港北ICすぐ
   (港北IC降りてすぐ右、
   そして最初の信号を右)

営業時間:10〜25時

料金:大人(中学生以上) 平日780円   土日・祝日880円
   子供(4才以上)     400円        450円
平日回数券10枚綴り   7,000円

髪きり処  男女子供1000円  男女顔そり1000円   
まゆ剃り500円  他

食事処:季膳房   エビス生中480円 醤油ラーメン550円 黒豆の枝豆320円  

※駐車場170台あり 


2006年11月オープンの港北の湯は本社はツカサというスーパーコンビ二を運営し、港北インターを降りてすぐのところにある。
インターからすぐ見えるのでわかりやすい立地である。

スーパーと言っても酒のディスカウントからはじめ、温泉のとなりに酒、食品の買い物も出来、癒しも売ろうと言うコンセプトである。

それと便利なのがもう一つ、温泉館内に髪切り処という理・美容院
が入っているところだろうか。温泉に入る前に少し整髪したいとき
、ヒゲそりやまゆを整えてもらいたいときなどに簡単にやってもらうにはGOOD!それから温泉に入って髪を洗うのである。

土日に髪をカットしようと思ったら、ここで簡単にカットしてもらい温泉とサウナでのんびり、そして買い物して帰宅という、休みの1日
は充実まちがいなしである。

さて肝心の温泉の方になるが、タワーサウナは広々として気持ちが良く、マット交換もまめに行っているので、濡れて不快を感じると言うことは一度もなかった。二重丸をあげたい。

壷湯につかって夜空を眺めるとたくさんの星を数えることが出来る。温泉につかりながら夜空の星を眺められる、とても都会の中の温泉場とは思えない。

源泉の湯へ入ると湯船が二つにわかれている。一つは42度でもう一つはそれより少しぬるめの湯で、匂いはなし、コーラより少し濃い目の色だろうか。美肌の湯と称するがつるつる感はあまりしない。

あとは、トルマリン塩サウナ、高濃度炭酸泉、絹のような真っ白な超微細気泡のシルクの湯等、なかなか種類も豊富なお風呂施設である。

湯上りに軽く一杯と行きたい方は、エビス中生で喉をうるおすのもいいでしょう。 


posted by ユキさん at 08:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉 日帰り温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
img017.jpg
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。