びゅう 列車で行く温泉特集
Google

2008年03月30日

一石三鳥?の、よみうりランド「丘の湯」

DSCF16441クロダモン.jpg

DSCF16361丘の湯.jpg

okanoyu_gaikan2丘の湯.jpg

DSCF16351.jpg

okanoyu_04s_m-roten.jpg
             

花見の季節は、都内の公園などどこもいっぱいだ。

そこで今日は、花見も出来て、温泉(白湯)にも浸かれ、

もう一つ欲張れば、遊園地で遊ぶことも出来る。

時間に余裕のない若いカップルや短期に集中して

家族サービスしたい、いずれの方にも楽しめる

一石3鳥のコースをご紹介します。


場所は、東京稲城市にあるよみうりランド「丘の湯」です。

住所:東京都稲城市矢野口3302-8
オープンは2004年3月
電話:044−969−1126
時間:10:00〜24:00
http://okanoyu.com/

     大 人 小 人
平  日 600円 350円
土日祝 700円 400円
※無料駐車場(200台)完備

各交通はインターネットをご参照ください。

私たちは車で、環八から甲州街道を八王子方面めざし、
調布の次の鶴川街道を入ってまっすぐである。
鶴川街道を走ってくると、遠く高台に観覧車が見えてくるので
観覧車を目指してきます。橋を渡れば「丘の湯」の看板
が出てきますのですぐわかると思います。

温泉に入る前に観覧車をバックに桜を撮影し、いざ入浴へ…

19種類のお風呂と2種類のサウナがある。

私はまず、サウナ室へ…少し広めのタワー型サウナは遠赤外線の効果

で皮膚の奥まで浸透。土曜と、花見のシーズンということでお客は結

構満杯だ。

子供連れのお父さんも多かった、やっぱり子供が適当にいてくれた方

が楽しくて、にぎやかでいい。

サウナ室にかわいい幼稚園児だろうか、お父さんに連れられて入って

きたが、10秒もしないうちに息が詰まるのか顔をしかめて出て行

く…その表情がとてもおかしい。

サウナを出て露天岩風呂へ…夕方近くになって桜がライトアップされる。

そこの岩風呂からの桜の眺めが一番、絵になるのである。

数ある温泉の、どんな眺望よりも今のこの時期の桜を眺めながらの入

湯は一番贅沢ではないだろうか。

いやあ、最高だ!出来れば上野の桜のように、桜のトンネルの下で湯

に浸かりたい…

そしてそこで一杯やれれば、それこそ人生で最高の至福のひとときで

あろう。

昼の桜もいいが、ここはライトアップされた夜桜が必見である。

オプションでもう一つ、湯上りのガーデンテラスで喉を潤し、月に夜

桜がセットで付いてくるサービスあり。


若いカップルであれば、遊園地でジェットコースターに観覧車と思いっきり遊びつかれた後での入湯、こんな一石三鳥の、楽しく素敵に1日が過ごせれば、うまく行かないはずはないのである。


posted by ユキさん at 04:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
img017.jpg
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。