びゅう 列車で行く温泉特集
Google

2008年05月26日

温泉にこだわらなければお勧めの、横浜みなとみらい「万葉倶楽部」

oudo_sauna黄土.jpgmanyoan万葉庵.jpgashiyu_p横浜万葉.jpg

黄土サウナ       万葉庵からの夜景     展望足湯庭園

ishi万葉石.jpg

石風呂





横浜みなとみらい「万葉倶楽部」

皆様よくご存知の、横浜にある万葉の湯です。
都内からでも結構近い。

僕は環八から第三京浜世田谷入口で乗って20分くらいで着きます。

観覧車を目指していくとわかりやすいと思う。車で行くときは観覧車と港からの船が見えて最高にGOOD!。

デートは横浜、って決めたら朝からドライブがてらに横浜へ行くと、コースは盛りだくさんである。

1Fから9Fまでの大きなビルに「万葉倶楽部」という文字が見えて来る。昼は結構混んでいるので時間帯は慎重に選んでいこう。

1F〜3Fまでは駐車場で
4Fヒーリングルームやヘアーサロン、アジアンヒーリング、アロマ エステティック、等
5Fリラックスルーム、指圧マッサージ、足流療術、、ネイルコーナ ー
6Fお食事処、万葉庵、宴会、特別室、貸し部屋、家族風呂
7F大浴場、黄土サウナ、塩サウナ、ハーブサウナ、露天風呂、寝湯、ひのき風呂、石風呂

8Fお祭り広場(キッズコーナー)ネットコーナー、
9F展望足湯庭園

お食事処では和食あり、洋食あり、寿司、ケーキ、パン食、
酒の肴などすべてにそろっているところがうれしい。
それにそこらのレストランと何の遜色もない。

特におすすめは万葉庵からの眺望である。
窓からの景色がなんとも素晴らしい。

酒を飲みながらの夜景…観覧車のライティング、港のサーチライト
横浜というイメージを崩すことのない景色はどこかの二流ホテルよりは余程いいと思うが…

温泉は夜景とセットがおすすめです。ただし、温泉と言ってもここは純粋の温泉ではない。
湯河原、熱海から運んでくる温泉なので、輸送温泉と言ったらいいのかな。

いや、温泉という基準を満たしていないので銭湯なのである。
温泉にこだわらず、ここはお湯と施設と料理を楽しむ入浴施設と考えたら
いいのではないでしょうか。


露天風呂からの夜景もすばらしく、どこも広々とゆったりと作られているところが気持ちを豊かにしてくれる。

9Fには展望足湯庭園で足だけ浸かりながらカップルで夜景を見ていると誰しもロマンチックな雰囲気になってくると思うが…

ここまでうまく設定できれば誰しもいい思い出をつくることができる。

何も若いカップルだけではない、お子様ずれにも、お年寄りでも、
熟年カップルでもどなたでも満足いける「万人の湯」であると思う。

温泉にこだわらなければ、いままで行って来た施設の中ではここは
ぜひおすすめのスーパー銭湯です!

●〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港2-7-1/

●TEL:045-663-4126/FAX:045-671-1188
●営業時間:午前10:00〜翌朝9:00まで/23時間営業/年中無休
●専用有料駐車場:226台収容。6時間まで500円、以降30分ごとに100円加算。

※料金

セット入館料(営業時間 午前10:00より〜翌朝9:00まで)
大人(中学生以上) 2,620円
子供(小学生) 1,470円
幼児(3才〜未就学以下) 980円
3才未満無料




posted by ユキさん at 02:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
img017.jpg
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。