びゅう 列車で行く温泉特集
Google

2009年05月03日

川崎矢向にある縄文天然温泉「志楽の湯」

しらくの湯露天.jpg
琥珀色の超高張性 化石海水!実に効く!!

しらく洗い場.jpg
ロッカーは少し狭いが洗い場はゆったりしている。

味噌ダル湯.jpg
120年前使用の味噌樽

しらく内湯.jpg
内湯

しらくサウナ.jpg
サウナ

090301_165528.jpg
休憩・軽食(語らい処)は自然食もいただける。

090308_175451.jpg
整体・リラクセーション室で元気満杯

090301_170449.jpg
フロントにはおみやげコーナーが設置

090301_170843.jpg
確かに足の負担が少ないウッドチップが敷かれた別棟の志楽亭

090301_135325.jpg
駐車場全体にもウッドチップが敷き詰められている



縄文天然温泉「志楽の湯」

川崎の工場跡にミネラル豊富な超高張性、化石海水を掘削!

南武線矢向駅から徒歩6分、1500坪の広大な敷地に
温泉が湧き出た。

この温泉の特徴は、ナトリウム塩化物強塩温泉である。

つまり、海水に近い成分組成の温泉で「化石海水」と呼ばれる太古の海水なのだという。

もう少し細かく説明すると。
温泉は溶け込んでいる成分の総量(濃さ)によって人体への浸透圧が違ってくる。

その溶け込んでいる成分の総量(濃さ)によって@高張性A等張性B低張性に分けられる。

その@の高張性が10000mg/kg以上に対してこの温泉は27750mg/kgの超・高張性であるということです。

これはどういうことかというと、この温泉成分は体内に成分が入り込みやすく、体内のミネラルなどの成分が濃縮される。

濃縮されると汗などが体内から出て行き、便や尿で排出されなかった老廃物や有害成分などの毒素も排出されるデトックス効果も大きいという
ことなのだそうです。

僕は最初、超高張性と言っても何のことかわからず浸かっていたのですが、入浴後、ものすごく体がだるく感じた。

もう、体中の疲れがドッと出てきた感じだろうか。

休憩室で横になったらそのまま熟睡してしまいそうな…こんな体感はやはり超高張性だからだろうか。

一度、デトックスも含めて効果をお試しいただいたらどうだろうか。

休憩室も座敷にテーブルと足腰に気を使った心遣いも感じられる。
それは駐車場に敷き詰められたウッドチップにも感じられた。

ウッドチップは砂利に比べ、ひざに負担がかからず歩きやすい、
足にやさしく、ほこりもたたない…なかなか心遣いが細かいですね。

食事は、別棟になかなか落ち着く雰囲気の志楽亭がある。


場所
〒212-0024 神奈川県川崎市幸区塚越4−314−1
フリーダイヤル 0120−650−711
URL http://www.shiraku.jp mail:info@shiraku.jp


入館料
タオルセット付(フェイスタオル・バスタオル付)

・大人(中学生以上) 平日970円 土・日・祭日1,150円
・子ども(5歳以上) 平日620円 土・日・祭日800円


営業時間

・10:00−24:00
・8月をのぞく毎月第3水曜日は18:00−24:00
 ※浴場、脱衣室のご利用は23:45
・そばレストラン「志楽亭」11:00〜23:00
・整体リラクゼーション室「縄文げん氣処」11:00〜23:00
・和室の畳スペース「畳語らい処」10:00〜24:00


posted by ユキさん at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月29日

誰もが認める「富士眺望の湯 ゆらり」

パソコンがいきなり故障してしまって、中のデーターがすべて飛んでしまった。
ショックだった!購入してまだそんなに経っていないのに…迂闊にもデーターやソフトもバックアップもとっていなかった。

故障なんてするわけがないだろうと油断していた‥だからこのブログも少しお休みをいただいていたわけで、
ようやくソフトを入れ直し、今週からまた再開の運びとあいなりましたのでよろしく!

090315_105457.jpg
これぞ日本一の富士の山

ゆらり内湯.jpg
湯に浸かりながら雄大な富士が見ることができる

ゆらり修正.jpg
露天風呂からは富士は見えないが開放感が何とも爽快だ!

ふじ ゆらり.jpg
つぼ湯は大小3つあり、かすかに硫黄の匂いがする。

090315_121141.jpg
いろいろな富士の顔を見ることができる。

090315_122852.jpg
ミストサウナから透き通る様な水風呂へ…

ゆらり.jpg
食事処も情緒があって落ち着く


それで、ちょうど1ヶ月ちょっと前の3月15(日)天気は快晴、雲ひとつない絶好の温泉日和(?)に富士山へ行ってきました。

今年の1月には富士山を拝みに「ほったらかしの湯」へ行ったときは残念ながら雲がかかっていて見ることが出来なかった。
だからどうしても行きたかった。温泉に浸かりながら雄大な富士の絶景を…。

ネットで調べ、仲間3人集めて、目的地の富士山へ向かった。中央自動車道で調布から入りおよそ90分!河口湖インターで降り、国道139号線を本栖湖方面へ8km…、

国道は混んでいて、ようやく着いたのは昼をまわった頃だった。

とうとう着いた!「富士眺望の湯 ゆらり」である。

到着するまでの高速道路からの富士の眺めもほんとにビューティフル!これぞ、日本の山って感じだ!

温泉施設につくまで、途中ランチでおにぎりを食べたが、天気もよくて格別な味だったなー。

ここだけは、もう一度行ってみたいと言わせるスーパー銭湯です。
今までのスーパー銭湯の中では一番ってところだろうか、ま、富士山の眺望付だからなおさら良かったわけだ!

中の施設もなかなかだ、個別の食事処は風情があっていいよ。

ここは★5つやってもいいだろう!
このGWにぜひ一度、行ってみるべし!文句なくおすすめ!


住所:〒401-0320 山梨県南都留郡鳴沢村8532-5
TEL0555-85-3126
営業時間:10:00〜22:00  年中無休 駐車場完備

入泉料
大人 1,200円 (貸バスタオル・タオル付)
子供 600円 (貸タオル付)
19時以降 1,000円 友の会会員 700円

入泉料+別途金
砂むし風呂 1回 1,050円 貸切風呂 1室(45分)1,580円
迎賓風呂 1室(5時間)31,500円 ※詳細は相談。




posted by ユキさん at 02:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉 日帰り温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

バスで行く横浜「ヨコヤマユーランド緑」

横浜の住宅街に佇む人口温泉「ヨコヤマ ユーランド緑」


よこやまバス5.jpg
送迎用 ユッタリ乗れる中型バス 

ゆこやま駐車.jpg
ヨコヤマユーランド全体と駐車場、隣はグリーンランド(花屋)

サウナ.jpg
タワー型高温サウナは広い、マット交換もgood!

ユーランド.jpg
内風呂の檜の湯

露天岩風呂7.jpg
人口温泉だが体の中にジワーと浸透してくる感じの湯

横山ユーランド.jpg
ゆったりと時が流れていく感じだ!

打たせ湯4.jpg
打たせ湯は効く!水圧は高い

レストラン7.jpg
風呂上りはここで食事もとれ、寿司も食べれる。(隣の店が回転すし)

090214_155231.jpg
サウナのあとは生ビールで喉を潤す!これ、お決まりのコース


先週、友達から聞いて、ちょっと穴場的スーパー銭湯へ行ってきました。

電車で、「田園都市線青葉台」又は「藤が丘」で下車、そこから送迎バスが迎えに来てくれる。

今日は天気が良かったので朝11時には駅に着いた。

青葉台駅東急スクウェア上りエスカレーター前から1時間に1本出ている。

結構ゆったり目のバスに乗って藤が丘駅を通っておよそ10分、

そこは同じ敷地の中に銭湯と花屋と回転すし屋が同居したような所だった。

築7〜8年は経っているだろうか、決して新しく、今風ではないのだが
土曜の午前中のせいか、それとも穴場なのか空いていると言うところが気に入った。

それに脱衣場も洗い場も余裕のスペース。

サウナも広めのタワー型ともう2つ、塩黄土サウナに、天然ハーブ岩盤浴サウナ、入れ替え制で冷温サウナもあると言う。

サウナのマット交換も行き届いてなかなかいい!

内風呂は広めで気持ちよい檜風呂!

露天はのんびり気分で陽の光を浴びれる岩風呂!(人口温泉で温泉成分を人工的に生成している)

そして露天歩行湯と打たせ湯(この打たせ湯が効く!かなり水圧が強い)

湯疲れしたときには2畳分くらいの寝転び場もある。

う〜ん、穴場だね!なかなか気に入った!

これで天然温泉なら言うことないくらいだね。

朝11時からサウナで1.5時間、露天で1.0時間ほど過ごしたころ、紹介してくれた横浜の友達と合流!

およそ、4時間くらいはこのユーランドでのんびりとさせてもらった。

僕は休憩室で乾いた喉を生ビールで潤しながら至福のひと時をこのヨコヤマユーランド緑ですごすことが出来た。

こんなのんびりとしたひとときを過ごせたのは久しぶりのような気がする。

いつも行っている溝口「喜楽里」とは時間の流れが違うようである。

ここはゆったりと時が流れているようである。

■場所 ヨコヤマユーランド緑

〒226-0024 神奈川県横浜市緑区西八朔町1201-1
TEL:045(929)1126(ココニクルイイフロ)
FAX:045(929)1127 E-mail:info@yu-land.co.jp
URL http://www.yu−land.co.jp

■営業時間 朝10:00〜深夜2:00
■料金
大人(高校生より) 平日800円 土・日・祝900円
子供(小学生より) 平日500円 土・日・祝600円
深夜営業 22:00以降の入浴料は500円となります。
(大人・子供とも同額です)
※中学生以下のお客様の深夜23時以降の施設ご利用禁止。
(保護者又はこれに準ずる方の同伴においても禁止いたします)
日焼けマシーン(入浴料別) 1回8分500円(4回まで)
よもぎ蒸し 1,500円

posted by ユキさん at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉 日帰り温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月13日

甲府盆地が一望 山梨 ほったらかし温泉

ほったらかしjpg.jpg
あっちの湯  昼もよし! 夜景もよし!

090101_140837.jpg
あっちの湯の入り口だ!(掘っ立て小屋風でびっくり)

脱衣場あっちの湯.jpg
ローカルな銭湯風だね(ロッカーは100円)

洗い場あっち.jpg
洗い場はこんな感じでまともかな?

ほったらかし].jpg
でも、みごとな眺望だった!

090101_133757.jpg
少し冷たい風で…お湯が毛布がわりだった。

090101_141007.jpg
富士山も見えた!(少し雲がかかって残念)

090101_141253.jpg
何もかもほったらかしじゃなく、少し施設に金をかけてもいいのでは…


先週の1月1日、富士山を拝みに行こうと思いました。
もちろん温泉に浸かりながら…

そこで行って来ました。山梨 「ほったらかし温泉」へ…

東京の正月は天気は良かった。

山中湖の「紅富士の湯」も眺めがgood!でどちらか行こうか迷った
けれど「ほったらかし温泉」は周りの評判がなかなかよかったし、僕も
一度は行きたかったので「ほったらかし温泉」に決定!


東京から中央高速を 一宮御坂icか勝沼icで降りて25分
フルーツ公園を目指します。

降りてわからなければ誰かに聞くのです。そしたら大抵はあっち方向と答える。

あっちとは山の頂の方向に茶系のホテルが見える。そっちの方向へ車を飛ばします。そうするとほとんど到着します。

ただ、「ほったらかし温泉」の看板だけはわかりにくい、途中○○温泉と書いた看板があって別の温泉と間違えてしまう。

まぎらわしいのだ。

「ほったらかし温泉」は極シンプルで、白に黒文字で、矢印にほったらかし温泉と書いてあるだけ。

山の頂に到着すると、だだっ広い空き地がある、そこが駐車場で、250台は駐車できる。

それから人がいる方へ進んで行くと、あっちの湯とこっちの湯と書いてある入湯券を売っている。あっちとこっちとは随分シンプルな…

平成11年開場の元の湯「こっちの湯」は富士山を真正面に望む眺望と落ち着いた風情が人気。平成15年末に開場した

「あっちの湯」は「こっちの湯」に比べ2倍の広さで、新日本三大夜景に認定された甲府盆地を一望できるロケーションと雄大さが人気です。
 
又、「あっちの湯」で使用の新しい源泉は深度1500mの深層の破砕帯から湧出しておPH値は10.1と高く、お肌すべすべ、湯冷めしにくいと説明があった。

我々はあっちの湯で浸かってみることにしました。

いざ、出陣!でも入り口はどこ? 極シンプルと言えば聞こえはいいが、人がすすむ方へ足を向ける。何か掘っ立て小屋みたいな建物へ入っていく、そこの中でお兄ちゃん風な人が受付をしている。

そこでタオルを買って奥へすすむ、いつもこぎれいなスーパー銭湯ばかり行ってるものだからこの素朴な温泉場へ突然入館すると少し抵抗を感ずる。

何もかもほったらかされている様な、もう少し体裁を整えた建物に出来ないものか考えながら露天風呂へ、へー、すばらしい眺望だ!

この眺めは掘っ立て小屋やら何やらを忘れさせるすばらしい眺めだ!
甲府盆地を一望でき、富士山も見える。

あいにく雲がかかっているのは」残念だが、しばしお湯に浸かって眺めていると街全体が見下ろせて自分が天下を取った様な、気持ちが大きく広がっていくようである。

少し風が強く、お湯がぬるめかなと思うが、長く浸かっているにはその方がちょうどいいような気がする。

内湯は露天より2〜3度熱いようでじっくりと体の中からあったまっていくようである。

う〜ん、いい湯である。そこらのスーパー銭湯とはお湯の質が違うようである。サウナや、そこらの気のきいたジェットバスなどない、実にシンプルなほったらかし温泉である。

帰りの車中も体がぽっかぽかでいつまでも温泉気分を味わうことが出来た。

ただ、もう少し手を加え、サウナ、寝転び湯、蒸し風呂など増やして休憩所もリクライニングにしたら人気度ナンバーワンになることは間違いないと思うが、皆様はどう思いますか?

〒405−0036
山梨県山梨市矢坪1669−18
TEL0553−23−1526


営業時間
日の出1時間前〜22時
(最終受付21時半)

* 年中無休 *

入浴料
700円(一風呂)
(0才〜小学6年生400円)
*浴場は全て男女別*

 駐車場 
280台
posted by ユキさん at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月12日

買物前に一風呂 高井戸「美しの湯」

ph_01美し1.jpg
露天風呂 上の湯 (ゴム系の匂いだった)

ナチュラルイオン1.jpg
ナチュラルイオン湯 今、どこの銭湯にもありますね。

美しの湯サウナ.jpg
縄文釜風呂って言うけど、単なる低温サウナ

リラクゼーション1.jpg
リラクゼーションルーム ここは椅子がたくさんあってgood!

食堂.jpg
一風呂浴びたあとのビールはうまい!

昨年の年末に買出しついでに行ってきました。
高井戸天然温泉「美しの湯」

●特徴は1階のスーパー「オオゼキ」の駐車場が使えること、そしてフィットネスクラブのプール(25M)も使える。

温泉にのんびり浸かった帰りに、買い物が出来る。5時間の駐車場無料って言うのもいいね!

コンセプトはそこまでにして、
いざ入館してロッカーへ…「うわ、狭い!」時間帯の為か、人と人がぶつかって思うように脱げない、ホームページでは余裕の感じだったのに、あれはなんだったんだろう?

クラブ会員用と一般用があるのだ。会員とはスポーツジムのプログラムが使えるそうだ。(詳しくはホームページ参照)

ごったがえしたローカーを出ていざ、温泉へ…

露天は、温度の高い湯と少し低い湯とナチュラルイオンの湯の3種。

●天然温泉は、色は薄黄色、少ししょっぱく、匂いは何と言ったらいいのだろう。天然温泉では初めての匂いだ。古いゴムの匂いと言ったらいいのかな?決して心地よい温泉の匂いではない。

古いたんすから着物を出してきたようなナフタリンがゴムに変わったような…初めてだからそう感じたのかも知れないが、少し変わった匂いではある。


泉質:ナトリウム−塩化物強塩温泉 (高張性・弱アルカリ性・温泉) PH値7.6

●洗い場も狭い、総じてコンパクトなつくりなのだろうか、体を洗おうと思うが洗い場の数が少なく場所がなかなか空かない、洗い場で空くのを待つというのはあまりなかったこと。



●縄文釜風呂…名前だけ?単なる低温サウナである。

あとはこれと言って特別おすすめするところはないと言っては少々辛口になってしまうのであえて言えば、ゆったりくつろげるリラクゼーションルームだろうか。

風呂あがりにゆったり気分でくつろいでください。

総合評…★★(最高は★5つ)

【お問い合わせ】TEL.03-3334-0008/〒168-0071 東京都杉並区高井戸

西2-3-45
●営業時間/9:30〜24:00(最終受付23:30)●定休日/不定休(詳しくは問合せ下さい)
料金
平日/ 大人 800円 子供 600円
土・日・祝/ 大人 1,200円 子供 1,000円 (22:30まで入場)
大人 800円 子供 600円 (22:30以降入場)
posted by ユキさん at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉 日帰り温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月08日

 天然温泉「極楽湯 多摩センター店」

IMG_1047極楽湯店舗.jpg
ピューロランドの隣といっても周りの建物が高いのでわかりずらかった。やっとの思いで、辿り着く!

IMG_1048暖簾.jpg
この暖簾をくぐると何故かホットするのでした。

an89232543極楽露天1.jpg
ここは熱めの天然温泉42〜43度

an892325434露天3.jpg
ここは38〜39度の露天風呂

an892325435露天4.jpg
上から全体を見通したショット

IMG_1052脱衣場.jpg
脱衣場は広い!でもこの時間は余裕だったがこの後は混雑だった。

IMG_1053食事.jpg
こんなにごったがえしてては風呂上りに一杯は無理か!

IMG_1055幼児遊び場.jpg
子供が多いだけに遊び場も一杯です



12月の忙しい土曜日

大事な休日を有意義に過ごそうと、一人車を飛ばして温泉探しに出かけました。

今日は 天然温泉「極楽湯 多摩センター店」です。

自宅の世田谷区から最短距離で行けば30分くらいのところを渋滞や道を間違えたりで1時間30分くらいかかっただろうか…こんなに

時間がかかるなら行きつけの溝の口「喜楽里」で良かったんではないだろうかなど、いろいろ考えながらもどうにか辿り着くことができた。

時間は午後4時を回っていた。

子供が小さいころ2〜3度サンリオ ピュ−ロランドへ来たことがあ

ったが、最近特に東京近郊の街の発展はすさまじく、昔の面影なんて全く無し、パルテノン大通りなどがあったりして、街そのものが日本ではないようなモダンな雰囲気に変貌していました。

どこをどう辿り着いたのかわからなかった。看板も何もないんだから…(目標はサンリオピューロランドです。その隣りだから)


それでも入口の「極楽湯」という暖簾をくぐると道中のイライラや疲れは何故か飛んでしまっている。

そこは天然温泉をうたい文句にした、株式会社極楽湯が経営する。全国フランチャイズで九州〜北海道まで45店舗を擁するジャスダック上場企業があった。


天然温泉を強調してましたが、実際はどうだろうか、匂い、PH値、湯の柔らかさ等実際浸かってみるとわかるものです。

匂いはないが、塩素系の消毒っぽい匂いがする。PH値7.9 柔らかさはあまり感じられない。色は黄土色した薄い玄米茶風。

温泉そのものは★5つ中の2.5位かな?(少し辛め)

匂いは塩素系であまり好みではない。湯上りもほてり感なし、

でも全体の感じは良い!食事処や座敷、脱衣場、洗い場などゆったりしたつくりで広い感じがgood!

寝湯は5席しかないが、寝た状態で、つぼ押しと言って背中や足の部分に石の突起が敷かれていて適当に刺激になって気持ちがいい。
今までのスーパー銭湯にはない心使いである。

露天風呂は3つあり、熱い湯と38〜39度の少しぬるめの湯と檜の湯とがある。

3つ共もう少しゆとりある広さが欲しかった。熱めの湯は足を伸ばしては3〜4人は窮屈だろう。

まあ、風呂を広めにするか洗い場を広めにするかどっちかだろうから仕方ない。

それと気に入った風呂に浴香蒸風呂(よくこうむしふろ)がある。

塩サウナに天然ハーブを蒸した状態の風呂だが、薄暗く、洞穴に入って、ハーブを体中に吸い込み、とても体に効果的な感じがする。真ん中に大きな塩つぼがあり、手を伸ばせばいつでも塩を取れるのもいい設計だと思う。

電気風呂も強に弱があり、子供用にも心使いが施されている。

風呂の種類は全部で11、それぞれが心くばりされていて好感触であるが肝心のお湯は少し辛めの「星2.5」という結果である。

しかしお湯を抜きにすれば、洗い場は広々として今までで一番気持ちがよかった。隣でシャワーを使ってもお湯がかからない。

風呂からあがり、座敷でビールでも飲みたかったが、

僕自身はラッキーだったのかアンラッキーだったのか時間帯とキャンペーン期間のせいか、もう、どこの席も満杯で食事は諦めるしかなかった。


ちなみにキャンペーン期間中、入浴料大人480円だったのだ!

子供は100円だ!そりゃあ満杯になるよ!

それに、12/8日〜25日は子供100円、65歳以上のシルバーは480円で入浴できるそうだからすごい!「極楽」だね!

只、駐車は3時間まで無料で1時間ごとに300円(平日)追加されるのが不満だね。

この師走、慌しいだろうが家族みんなで、また、友達同士、恋人同士、1日中のんびりと極楽湯に浸かってみては

どうだろうか。世の中の不景気なんか忘れてしまうよ!


極楽湯 多摩センター店

〒206-0033
東京都多摩市落合一丁目30番地1

TEL : 042-357-8626
営業時間 : 午前9:00〜翌2:00
駐車場 : 駐車場台数/170台
※3時間まで無料(以降60分ごとに、平日300円/土日祝日600円)


料金表
平日 土日祝祭日
大人[会員] 800 円[700 円] 950 円[850 円]
小人[会員] 400 円[350 円]



posted by ユキさん at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月16日

ヨコヤマ・ユーランド鶴見「末吉の湯」

IMG_0904末吉の湯入口.jpg
国道1号線沿い鶴見川を渡って6〜700Mほど行って左!

IMG_0905末吉フロント.jpg
1Fフロントはとびっきり明るい!

よこやま[1].jpg
内湯の電気は少し暗いのが気になる。

ユーランド隠れ湯].jpg
じっくり入っていたい42.5度の隠れ湯!

IMG_0939壷湯.jpg
壷湯は2つ、43.5度と少し温度は高い!実にいい湯であった。

ユーランド寝湯.jpg
寝湯は5つ!少し少ないが、ここで寝れたらサイコー!

サウナユーランド.jpg
黄土サウナ

黄土サウナの天井壁の上部は「黄土」、壁面の一部は「ゲルマニウム鉱石」天然健康石をふんだんに取り込んだマイナスイオンあふれるサウナで。


IMG_0944宴会場.jpg
ここでもカラオケ!日曜は2時と6時にプロの歌謡ショーがある!

IMG_0953遊技場.jpg
子供も遊べる遊戯場も完備!卓球も出来る!

IMG_0946走りまわる子.jpg
子犬のように走りまわって、一番目立ってた幼児!

IMG_0949幼児.jpg
お〜い、それ、他人が飲んだお茶だぞ!

今日は先週と同じく天気は良くない。

昨日は仕事の疲れで足腰が重いし、髪も洗いたいと言うことで友達と温泉にでも行こうということであったがその友達が風邪ぎみで来週にしようという事になったのでした。

しょうがないので、一人、車で横浜鶴見へ向かった。

先週は鶴見のおふろの天国へ行った、そこの帰りに見つけたのが近くの天然温泉「末吉の湯」でした。
5F建てのビルで、機会があれば行こうと思っていた。

行ってみてびっくり!
イヤー、こんなところにこんな楽しい庶民的な癒しの場があったなんて知らなかったな。

1日楽しく家族で遊べる、それもカラオケのステージ付きだよ。
盛り上がるよね、ついついステージに上がりたくなっちゃったよ。

ここの正式名称はヨコヤマ・ユーランド鶴見と言います。
グループ会社でゴルフ練習場、テニスコート、スイミングスクール、宴会場等幅広く運営していてこの辺一体(末吉町)がそういった娯楽施設やスポーツ施設の一角なんだね。

駐車場はどこでも施設の駐車場に止めることが出来るが、日曜になるとどこも一杯!駐車するに10〜20分くらい探すことになるだろうから早めに行くことが一番だよ。

入館してみて1Fのフロントはすごく明るくて近代的な建物かなとも思ったがお風呂に入ってみると少し暗さを感じた。
建物自体が少し古いのだろうか?
しかしある程度リニューアルされているのでまずは合格としよう!

サウナは黄土サウナで壁や天井が黄土で塗られていてマイナスイオンを発生するのだそう。
内湯は檜風呂に低温風呂だ!
でもやっぱり風呂は露天の方が気持ちがいい。

屋外にありました。
隠れ湯に壷湯、それに寝湯!
隠れ湯の湯は42.5度、壷湯は43.2度、お湯の色は薄い玄米茶といったところかな?
舐めると意外としょっぱい!匂いはそんなに香りがいいほどでもない。着物を古くした匂いというのだろうか。
硫黄とか鉱泉独特の匂いはなかった。
だけど帰ってきてもまだぽかぽか感は残っている。
なかなかいい温泉だと思う。

1番は厚木七沢荘
2番は溝の口の「喜楽里」
3番目がここの末吉の湯ってところかな!今の時点では



住所:横浜市鶴見区下末吉2−21−21
電話 :  TEL 045−585−1126(代)

URL http://www.yu−land.net

休館日:毎月第1・3水曜日 営業時間:朝10時〜夜12時迄
         
         昼間(10時〜閉館)    夜間(20時〜閉館)
大人 中学生以上
※セット料金 ・・・ 1,400円 入館料   800円 入館料
       ・・・ 1,800円    ※1,200円

子供 4才〜小学生
※セット料金 ・・・ 900円 入館料     500円 入館料
       ・・・ 1,200円     ※800円

幼児 0才〜3才
※セット料金 ・・・ 300円 入館料 200円 入館料
・・・ 500円 ※300円

※セット料金には、館内着・タオルが付いています。


お試し料金90分

大人(中学生以上) ・・・ 800円
 
 子供(4才〜小学生) ・・・ 500円
 
 幼児(0才〜3才) ・・・ 200円
※90分コースには別途レンタルでタオル200円、浴意200円でご用意いたします。

送迎バスあり、HPにてご確認ください。
posted by ユキさん at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月09日

横浜鶴見の「おふろの国」

ofuronokuniお風呂の国.jpg
鶴見川を渡ったらすぐに見えてくる。

お風呂の国露天.jpg
夜は月を眺めながらのんびりと…

お風呂の国修正.jpg


IMG_0901鶴見.jpg
窓からの眺望も酒も食事も旨くする。


IMG_0900眺め.jpg
鶴見川を眺めながら一杯…杯がすすみます!


今日は生憎の天気で寒い!12〜13度と12月並みだ。
この寒さにはサウナに温泉がぴったりではないかと勝手に思う僕でした。

環八をまっすぐ羽田方面に向かい、第二京浜(国道1号線)を右へしばらく行くと左にニトリが見えてくる。ニトリを過ぎると鶴見川を渡り、渡ったらすぐ左がスーパー銭湯「おふろの国」である。

おふろの国と言うだけあって温泉ではないのである。しかしバラエティに富んだ13種類のお風呂を体感できる。

サウナは遠赤外線の高温と低温の2種類、露天風呂も2種類で1つは月見の炭酸泉で、高濃度の炭酸が溶け込んだラムネやシャンパンの中に入ってるような風呂である。

もう1つはごく普通の沸かし湯である。
あとはちょっと変わったところでは伊藤園のアツアツ茶の湯に日替わり人肌の湯で、本日は紅茶風呂でした。

日曜の3時過ぎはさすがに混んで来て紅茶風呂には入れずじまい、電気風呂も入れなかったのは残念でした。

しかし土日で大人700円なら子供連れで1日楽しめ、レストランで食事も出来るし、家族で来ても充分サービスにもなるので一度家族で行かれてみては…

ラーメンも旨いし、ビールのつまみもそこらの居酒屋よりは充分いける味で、おすすめです。
また、ビールを飲みながら鶴見川を眺める景色もなかなかのものです。

営業時間 平日11:00-25:00、土日祝日 8:00-25:00
定休日  第三月曜日
住所 横浜市鶴見区下末吉2-25-23 
TEL045-585-4126

スーパー銭湯「お風呂の国」内
駐車場完備

  料金      平日 土日祝
大人(中学生以上)  600円 700円
子供(小学生以下3歳以上) 350円 400円
回数券※1(平日専用) 11枚 6,000円
posted by ユキさん at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月23日

バスで行くスパリゾートハワイアンズ

IMG_0523出発前のギャル.jpg
宮前平 朝7:00集合!いざ、しゅっぱーつ

IMG_0524バスは楽しい.jpg
余裕のスペース 一人4席ずつのバス旅行
イモ洗い.jpg
イモ洗いに近かった

ハワイアン修正3.jpg
世界1の広さの大露天風呂!

ハワイアン露天修正.jpg
このお湯から硫黄の匂いがぷーン!やっぱり天然温泉だ!

ハワイアン2修正].jpg
正面の暗い奥に蒸し風呂がある

IMG_0543厠.jpg
このトイレ、2畳半くらいある。

IMG_0547大吾郎.jpg
みんなこんな時もあったのだ!

IMG_0555バス到着.jpg
夕方8:00到着!時間もあっと言う間に過ぎてしまった。
楽しい憩いのひと時でした。「お疲れさーン」



先日、友達からハワイアンセンターに行かないかと誘われて行って来ました。

友達の会社の組合旅行とでも言おうか、大型バス3台で…日帰りはちと厳しいスケジュールではあった。

しかし、天気は上々、朝7時集合!周りは知らない人ばっかり、知らないからかえって気が楽である。

僕らは女性2名男性3名で申し込み半額の5000円ポッキリ!飲み屋のママも加えて一路福島へ〜しゅっぱーつ!

住所は 〒972-8326 福島県いわき市常磐藤原町蕨平50 TEL 0246-43-3191だ!

川崎宮前平集合ー三郷IC−常磐自動車道ーいわき湯元ICまでおよそ2時間30ほど…

バスで行くのも楽しい、ビールに焼酎、飲み放題で飲酒運転心配無用サイコー!

バスもゆとりの40人乗りリクライニングシートを20人ほどしか乗らないから余裕のゆったり旅行!

改めて「バスってのもいいもんだって」感じ!

到着は10時頃、ゆっくり休んで昼食、それから即、温泉へ直行…
ただし自由時間は3時間40ほどしかない。

ふつうはサウナに2時間ははいっていられるのに、貴重な時間を有効に使おう!

江戸情緒あふれる与市は、銭湯の原点、江戸時代の湯屋そのままの雰囲気お湯もなかなかやわらかい!硫黄の匂いもそこらのスーパー銭湯とはやっぱり違う!

しかも広い!ギネスブック承認の世界一の大露天風呂である。掃除は大変だろうなと思う。

奥へ進んでいくと今で言うサウナがあるが、ここでは蒸し風呂という。

菊の花を乾燥させた薬草と温泉蒸気が一体となって体の内側から活性化するようだ。

床や壁もすべて木材、江戸時代へ戻った気分に浸れる。

厠も覗いてみたが、便器だけは近代的な洋式ウォシュレットだった。
2畳半ほどの広さで、横になっても充分なスペースだ!

あれこれ回りたいのだが、帰りの時間も気になるし、与市はこの辺で切り上げ、もう一つの近代的風呂へ行く!

そこももちろん温泉である。そこはスーパー銭湯と同じ様な広さと施設である。
しかし、のんびりと湯に浸かり、サウナへ入ったり水風呂へ入ったりとはできない

もう、時間が迫ってきている。
急いで着替え集合場所へ戻ろうと思うのだが、あまりの広さで団体様控え室が分からない!

そのうち携帯が鳴り出す!皆、もうバスに集合しているという。
さあー、慌てろ慌てろ!だが出口も分からない、従業員に聞く、出口まで案内してもらってやっとのことで出口へ…

だが、考えてみたら裸足である、靴も靴下も団体控え室に置いて来ている。
とりあえずそのまま裸足でバスまで集合!
良かった、間に合った。

友達が靴も靴下も持ってきてくれた。ありがとう!お礼もそこそこで乗り込み靴を履いた。

あー、くつろぎもゆとりも余裕もすべてがぶっ飛んだ!
こうして考えるとくつろぎとは程遠く、せわしないハワイアンセンターの思い出だけが残った。

やっぱり福島まで行くなら、時間とゆとりをもって1泊2日は必要だろうと思った。


posted by ユキさん at 21:42| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月19日

バスで行くすすき野「湯けむりの里」

IMG_0497バス待ち.jpg
初めて行く人はどこへ並んだらいいのか?

IMG_0499バス来る.jpg
皆が並んでいるので並んだけど定員9名じゃね!

IMG_0502ゆけむりの里2.jpg
そこは、すすき野3丁目、横浜の静かな住宅街の中にあった

IMG_0503ゆけむりレストラン.jpg
すべてが明るく気持ちが安らぐね!こういう所がいい!

IMG_0505すすき野奥座敷.jpg
明るい座敷も気持ちいいもんだよ。

IMG_0506銭湯での遊び場.jpg
子供たちの遊び場もある、ゆき届いた感じ!

横浜].jpg
この露天風呂の先にドンと大きなテレビが置いてある。

お風呂の国露天.jpg
天然温泉露天



今回は、調布「仙川の里」、宮前平「湯けむりの庄」の姉妹店
横浜あざみ野にある「湯けむりの里」を紹介します。

ここは、スーパー銭湯、不動産賃貸運営のセントラル都市開発株式会社が経営する。

宮前平「湯けむりの庄」だけが土日1470円と高めの料金で他は600円と安い庶民的料金である。
宮前平「湯けむりの庄」だけが温泉で、他は沸かし湯という理由による。

あざみ野駅へは二子玉川駅から電車が近いので電車で向かった。

田園都市線あざみ野駅を降り、横浜銀行と横浜信用銀行の間で送迎車を待つこと15分!日曜の午後からの利用者は結構多いがシャトルバスの定員は9名である!

僕が並んだのは13〜14番目、これじゃ、乗れない!
次のバスは25〜30分位かかる。車で来れない人には不便さを感じるが、仕方ない!

ちょっとアクセスに難があるがそれ以外は、全てが雰囲気は明るく、気持ちが癒せる。

特に露天風呂にゆっくりくつろぎながらテレビが見れるというのは良いアイデアである。

今までいろんな銭湯へ行ったが露天風呂でテレビを置いてあるのはここだけである。

そして、湯疲れで少し休憩したいときは寝転び湯はもちろんだが、寝転び座敷もある。明るい座敷で大の字で寝れるので気持ちが良い。


すすき野「湯けむりの里」

045-905-2641

田園都市線あざみ野駅から車で5分 神奈川県横浜市青葉区すすき野3-2-7

[日帰り湯]入浴料(平日)大人600 円、小人350円 朝10時〜夜12時※…
posted by ユキさん at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月05日

祖師谷温泉21

IMG_0392祖師谷全体.jpg
住宅街のマンション1Fにある祖師谷温泉21

IMG_0393祖師谷入り口.jpg
入口で入浴券を買う(サウナ付680円)

祖師谷2].jpg
普通のローカルな銭湯を思いだします

IMG_0398祖師谷休憩室.jpg
休憩室は男女各室と全体に一つあります


先週は祖師谷へ行ってみました。

電動チャリンコを目一杯充電し、岡本から砧公園へ坂道をすいすい昇る、この電動チャリンコもう、4年くらい乗ってるが、故障なし、充電器も普通は2年くらいで交換するらしいが調子は上々。

明電舎(明電舎の子会社:明電エコドライブ社)が開発した、坂道でエンジンブレーキがかかり、充電すると言う、

新幹線の技術を取り入れた特許製品である。

環八を甲州街道方面へ行き、小田急線が見えて来たら砧2丁目を左へ、まっすぐ行くと、祖師谷大蔵駅が右手に現れる。

いろんな商店街を眺めながら、進んでいく楽しい光景は自転車ならではのもの。

今回は祖師谷21という住宅街に温泉が湧き出ているということで行ってみることにした。

場所はなかなか説明しにくい、祖師谷大蔵駅から5分と書いてあるが、どこをどう行ったものやら、いろいろ狭い道を来たので分からない。車じゃ、ここはなかなか難しいと思う。

開業して48年の有名な温泉なので人に尋ねたら誰でも教えてくれる。

あちこち回って1回、人に尋ねてようやくたどり着いた。
マンションの1Fである、ほんと、住宅街の真ん中にある。土日はかなり混雑するそうで僕は日曜の5時くらいだから、一番ピークかもしれない。

駐車場は有料時間貸しパーキングで38台くらい停められる。

そしがや温泉利用者は70分無料になる。それ以降は20分100円。

中へ入ってみると、街中の銭湯より大きく、最近のスーパー銭湯より狭く小さい感じ。

さすがに最近のスーパー銭湯とは比べられないが安くて近場にある温泉ならgoodではないか。

内風呂は男女各5つ、水風呂各1つ、サウナ男女3つ

温泉はPH8.3 色はコーラ位だろうか、匂いも無し、5つの内風呂には電気風呂、シルキーバス、
温泉風呂、ジャグジー、普通のお湯の5つであるが、電気風呂は慣れないと刺激が強く感じる。

温泉はアルカリ性のちょっと多めの海水の数値である。

滑らかさはそんなに感じないがゆっくり足を伸ばせない狭さなので、どうもその辺が気になる。

サウナは12〜13人で一杯、電球が1つでテレビ無しだから目のやり場に困る。

向かいの中年男性は腕に刺青が入れてあり、目が合ってしまって、つい目をそらすと下半身に目が行く。

サウナは遠赤外線と書いてあるが、芋に遠赤外線で焼くとほっかりほかほかで旨い芋になるらしいが人間を焼いたら一体どうなるんだろう。

遠赤外線…この言葉の響きが何とも体に効きそうな感じであります。

それと、冷凍サウナとやらに初めて入って見た。

冷凍と言ってもクーラーが効いてるだけの個室で−10℃と書いてあったが温度計は2〜3℃となっていた。それも、一人しか入れないのでサウナから上がって、タイミングよく入れれば良いのだが、混んでいてなかなかうまく入れない。やはり空いている時が狙い目か…

どの風呂に入っても人がいっぱいなのでのんびりといった寛ぎ感はまったく無い。

日曜の一番ピーク時に来たのでしょうがない。

早めに上がり、休憩室でマッサージ器を利用、まあ、祖師谷という土地柄、老若男女、小さい子供までこの辺によく密着した感じの祖師谷21温泉でありました。


営業時間:14:00〜24:00(年中無休)
料  金:¥400  サウナ利用者は¥680
駐 車 場:有料時間貸しパーキング(38台) 温泉利用者は70分無料それ以降は20分100円。


源泉名 : 祖師谷温泉
湧出地 : 東京都世田谷区祖師谷3丁目36番22号
源泉名 : 18.1℃  pH  8.3  褐色澄明殆ど無味無臭
禁忌症 : 急性疾患(特に熱のある場合)、活動性の結核、悪性の腫瘍、重い心臓病ほか
適応症 : きりきず、やけど、慢性皮膚病、冷え性、神経痛、筋肉痛、関節痛ほか
泉質 : ナトリウム−炭酸水素塩冷鉱泉(低張性・弱アルカリ性・冷鉱泉)
 
※ 祖師谷温泉は含有成分により温泉法の定める療養泉に指定されています。

※pHの値には0〜14までの目盛りがあり、7を中性もしくは化学的中性点とも言います。

7より小さくなるほど酸性が強く、7より大きくなるほどアルカリ性が強くなります。

水にはその性質により酸性・中性・アルカリ性の3つがあり、祖師谷温泉のPH値8.3は少しアルカリ性と言えよう。
posted by ユキさん at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月08日

THE SPA成城

relax_pic01成城.jpg
16席のテレビ付リクライニングシート

relax_pic02地然の部屋.jpg
  地然の部屋

spa_pic01成城.jpg
 37〜38℃の「つぼ湯」

spa_pic03露天成城.jpg
 薄口醤油の色の露天風呂



先日の日曜日、THE SPA 成城へ行ってきました。

以前から一度は行ってみようと、気にはなっていたが、
なかなかその機会に恵まれなかった。

その日はカメラ片手に、電動自転車で向かった。
砧公園を散策し、世田谷美術館のあたりを撮影…、
蝉の泣き声が夏のピークを感じさせる。

うっそうと茂る木岐の間を自転車のスピードが爽やかな風とともに
ほほを伝う…

砧公園を出て、車の騒音を聞きながら環八をまっすぐに甲州街道方面に進む。

その日は暑い日だったが20分ほどで到着!

1Fはすべてユニクロ、店内はクーラーが効いて気持ちがGOO!
エレベーターで2Fへ…

3,4Fはセントラル ウェルネスクラブである。

横浜にも同じようにビルの3Fに出来た温泉があった。
港北温泉SPA ガーディシュである。

得てしてビルの中の温泉は狭く、ゆったりのんびりとはほど遠い様な感じがするのである。

だからかも知れない、あまり情緒的には好みではない、やっぱり個人的には稲城天然温泉「季の彩」ときのいろどりなんかが最高である。


チケットを購入し、室内用の上下と鍵を渡される、雰囲気はスポーツクラブである。

それで土日祝は1,670円 平日は1,260円…これでも料金据え置きだそうである。でも、これ以上高くなったら僕は行かないだろう。

ちょっと高めの設定が気になるが、成城という場所柄なのか?と思ってもここの住所は千歳台だぞ!名前からして成城とは少し無理があると思う!

入り口から中へ向かう、入って左側にレストラン、テーブルと座敷に分かれているが何か薄暗い感じ!

レストランは後回しで、とりあえず風呂を目指し、脱衣所へ…と思ったが今度は右側に「海音の部屋」と、その隣は「地然の部屋」海音だから波の音でも聞かせてくれるのかと思ったが床が生暖かい、ほんのりアロマの香り…アロマの香りに満たされて中低温のリラクゼーションだと…中年オヤジにはこの感覚は無理!

この真夏に暖房付けてるみたいでパス!

隣りは地然だと…この部屋も暖かで暖房効かせてるみたいで駄目!夏は冷房効かせてくれって言いたくなる。

しかし、この部屋、天然岩塩を壁面に使用、中低温のリラクゼーション?よくわからんなー、ミネラル豊富な天然岩塩が疲労回復・美肌効果をもたらす?中年オヤジには美肌はいらん!

どうやら、コンセプトとしては女性をターゲットにしたスポーツクラブ帰りとか、体と心・肌を休めるために作った温泉施設と言うか、スポーツ施設のようである。

周りはわかったが肝心のお湯はどうか?

まずは、つぼ湯に入る。うーん、濃い色の湯だ!まるで薄口醤油だね。

お湯の温度は、今の時期に優しい感じの38〜39度くらいのぬるま湯だ!

足の日焼けがヒリヒリする僕にはありがたやありがたや。

効能は…切り傷、やけど、皮膚病うん、ピッタシ!

続いて露天風呂…ここも少しぬるめ40度以下、PH値7.9の弱アルカリ性が肌全体をしっとりと包む感じで

ツルツルというよりヌルっとした感触。

匂いは…ぜんぜんしない。溝口の「喜楽里」はガス状の匂いと言うか、鉱泉独特の匂いが癖になってしまったが…
ここは匂い無し!それも少し不思議な感じ、多少は匂いはするもんだが、少し加温し消毒もしているようだ。

お湯は薄口醤油状だが合格としよう。あまり暑くなくのんびりと長く浸かっていられ
るので段々と眠くなってくる。

黄土サウナは長く入っていると日焼けで手、足が尚ヒリつくのであまり
入っていられない。水風呂が気持ちいい。サウナのあとには
16〜17度くらいが冷たくてちょうどいいのだ。

何か温泉が体に効いてきたのだろうか。眠くなってきた。
一度出て、テレビ付リクライニングシートで休もうと思ったがシートは16席しかなく
満杯状態である。もう少しテレビ付シートを増やしてほしい。
マッサージ付シートはあるが、テレビが見れないのはちょっとさびしい…
高校野球を見ながらリクライニングで休めたら1,670円は高くはないかも知れない。

そんなことを考えてシートで休んでいたら少し眠ったのか時計は7時を回っている。
5時間まで1,670円それ以後30分毎に315円なんて書いてあると気持ち的にゆっくりのんびりとは行かないものである。「1日ゆっくりのんびりお寛ぎください。」と、どこかの温泉のうたい文句にあるように、温泉には時間の制限は付けて欲しくはないのである。
成城という世田谷の一等地であるからして、そんなに1日のんびりされたらたまんないのでしょうが、温泉施設ならもう少し余裕の経営をして欲しい、と感じたSPA成城でありました。
posted by ユキさん at 16:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月06日

人気No.1箱根「天山」

天山.jpg2F楽天しゃぶしゃぶ.jpg

01天山サウナ.jpg

箱根天山.jpg




箱根で人気の高い日帰り温泉に「天山」がある。
週末はかなり混雑が予想され、時間は考えて行かれたほうが良い。
我々は夕方到着し、無料駐車場も何とか入れることが出来た。


ここの泉質は
ナトリウム塩化物泉(ph8,3)
弱アルカリ性単純泉(ph9,7)

効能:冷え性・胃腸病・婦人病・筋肉痛・神経痛 他

露天風呂は5つ、内湯は1、サウナ(洞窟風呂)1で

露天は今までの温泉取材の中でも得点は高い、

柔らかさのあるお湯で、ツルツル感と

「温泉!」という実感があって忘れられないお湯の一つである。

45〜46度ありそうな露天と普通の42度の露天とがあって

熱い方のお湯はホントに熱い!足先からそ〜と入り、

徐々に体を沈めて行くがじっとしていると5分も入っていられない

くらいで、他の人が入ると熱いお湯がこちらに流れて来るので

皆、動かずにじっと入るのである。

そしてサウナ代わりの洞窟風呂があり、

狭い入り口から中へ入ると薄暗く中は8〜9人でいっぱいである。

その中には、塩が置いてあり、塩を体に塗りながらじわじわと汗を流

すので何か洞穴で修行をしているような錯覚におちいる。

風呂から上がるといろいろなコンセプトの食事を楽しめる。

しゃぶしゃぶや、落ち着いた雰囲気でお酒と食事ができるところ、

ゆっくり休憩だけできるところと、人気におごらず企業努力がうかが

える。



住所:足柄下郡箱根町湯本茶屋208
TEL.0460−6−4126

http://tenzan.jp/tenzan/index.html

■車で…

国道1号を箱根湯本駅の手前三枚橋を渡り、箱根旧街道約3km、
バス停奥湯本入口前※駐車場満車の折は入場制限となることがある。

■電車・バスで…

東海道・新幹線=小田原駅乗り換え小田原線で箱根湯本駅下車新宿方面から
小田急ロマンスカーで箱根湯本駅直行箱根湯本駅ー天山湯治郷マイクロバス

■入館料

大人1,200円(入湯税・消費税込)
子供630円(消費税)1歳から小学生まで

■入館受付

朝9時〜夜23時閉館(22時受付終了) 定休日無し
(但し12月中旬5日程休館)
露天各5・内湯各1・サウナ各1・休憩所(畳)
有料個室(4000円/3時間)・食事処
 ボディソ−プ・ドライヤー・ロッカ−(100円)・下駄箱(50円)


posted by ユキさん at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月23日

稲城天然温泉「季乃彩」ときのいろどり

200806211528000.jpg200806211529000.jpgp_onsen_m1季乃彩.jpg200806211702000.jpg200806211530000.jpg200806221045000.jpg

p_onsen_kutsurogi.jpg









6/21(土)

久々の休日だが車で遠出をするには天気はいまいち良くない。
こんな日にはやっぱり、温泉です。

今日はJR南武線 南多摩駅より徒歩5分にある、稲城天然温泉「季乃彩」きのさいではなく、ときのいろどりと読ませる。
なんか無理がありそうだな。でもま、いっか…

OPENは19年11月だからまだ7ヶ月位しか経っていない新しい施設である。

ここの特徴は、TV東京放送の日帰り温泉選手権で優勝した経歴をもつ、温泉施設運営のプロ集団が集まる(株)楽久屋が作ったのだそうである。

そう聞いてみると行って見たくなるのが温泉通というものだろう。

世田谷から246号を調布方面へ府中街道をまっしぐら、途中川崎街道へおよそ30分ほどで到着!

う〜ん、入り口からして何か入ってみたくなる何かを感じさせる。
純和風な植木と木材の囲い、高級料亭を思わせる落ち着く入り口。

1F食事処「旬采亭」
2Fお休み処「展望の間」リクライニングシートで、広がる府中の夜景が見渡せる。そしてカットサロン(1050円〜)も利用できる。

広々としたロビーで鍵をもらって、いざ入浴…館内では一切財布は必要ない。料金後払いシステムである。

お風呂であるが、地下1700メートルより湧き出た温泉の掛け流しで、うすい番茶状の色、

独特なガス状の匂いがする。お湯はゆったりと柔らかさを感じる。源泉循環だと、やはり源泉より硬さが強い。

泉質はナトリウムー炭酸水素・塩化物温泉で、きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病に特に効果的だそうである。

施設的には他の施設とあまりこれと言って変わるところは見当たらな
い。

サウナは1日5回のマット交換が行われていて不快感はなくきもちがよかった。

ただし、寝湯は3人分しかないのが不満で、土日はまず、確保するのが難しい。もう少し多めに作ってほしかった。

そしてここは小学生以下でも入館出来るので小さな子供連れもOKで、家族で1日ゆっくりと寛ぐことができる。




●電車で・・・
JR南武線 南多摩駅下車 徒歩約5分

●車で・・・
【川崎方面からのご来店】
川崎街道を日野方面へ直進し、南多摩駅の次の信号を左折200m
【日野・多摩方面からのご来店】
川崎街道を川崎方面へ直進し、右手の稲城市立病院を越えて次の信号を右折200m
【府中方面からのご来店】
府中街道を川崎方面へ向かい大丸交差点を右折後2つ目の交差点を左折200m

●バスで・・・
城山公園下車すぐ


東京多摩の日帰り温泉・岩盤浴
稲城天然温泉

季乃彩-ときのいろどり 所在地 :東京都稲城市向陽台6-13
電話  :042-370-2614

               平日      土日祝
入館料           大人  700円    900円
              小人  400円    600円
岩盤浴
(浴着・専用マット付)  大人  500円    500円
             小人  利用不可  利用不可






posted by ユキさん at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 温泉 日帰り温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月09日

二子玉川の「新寿湯」よさようなら

12122b新寿湯.jpg12122d新寿湯.jpgp1130086_p新寿湯.jpg






二子玉川の駅から4分ほどにあった自転車屋の向かいあたりに昔ながらの銭湯「新寿湯」が今月6月10日(明日)を最後に、閉店することになった。

駐車場があって6〜7台は入れたが、最近は新寿湯の区画整理によりせいぜいで2台しか駐車できなくなったことも影響したのだろうか、

私もよく利用させていただきました。閉店の日の10日は「長らくご利用ありがとう」ということで無料サービスでお別れと言うことだそうですので、近くの人は行ってあげてください。

ただしサウナは400円だそうです。
電気風呂、赤外線風呂、漢方薬風呂ジェットバスに、サウナがあった。

サウナは別料金で400円別途に支払うと720円になってしまう。
その辺が大きく客足が遠のく原因になったのだろうか。

それともう一つは、600円とか950円でちょっと行くと新しくオープンしたスーパー銭湯へ行ける格安料金が一番響いたのではと思う。

新しくて、温泉かけ流しで、岩盤浴、食事処もあり、マッサージ室もある。駐車が100台可能で950円となれば今の銭湯では太刀打ち出来なくなってしまうのである。

私もいろいろとスーパー銭湯を取材を兼ねて数多く行ってみてますが、料金体系はどこも安くなってきている。

横浜、町田の万葉の湯や、瀬田の山河の湯などは2000円〜2400円でよく通いましたが、最近のスーパー銭湯は沸かし湯で600円、温泉で900円〜950円くらいである。

そのうち万葉や、山河の湯も値段で勝負してくる日も近いのではないだろうか。

只、スーパー銭湯は時間に限りがあって、だいたいラスト入店PM11:30までで12:30閉店だから、仕事が遅くなる人には少し不便さを感じる。

1000円でもいいので、13:00〜13:30くらいまで営業していただけたらありがたいと思いますが…いかがでしようか、そう思うのは私だけでしょうか。

新寿湯

東京都世田谷区玉川3丁目23−27
03-3700-1320
posted by ユキさん at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

温泉にこだわらなければお勧めの、横浜みなとみらい「万葉倶楽部」

oudo_sauna黄土.jpgmanyoan万葉庵.jpgashiyu_p横浜万葉.jpg

黄土サウナ       万葉庵からの夜景     展望足湯庭園

ishi万葉石.jpg

石風呂





横浜みなとみらい「万葉倶楽部」

皆様よくご存知の、横浜にある万葉の湯です。
都内からでも結構近い。

僕は環八から第三京浜世田谷入口で乗って20分くらいで着きます。

観覧車を目指していくとわかりやすいと思う。車で行くときは観覧車と港からの船が見えて最高にGOOD!。

デートは横浜、って決めたら朝からドライブがてらに横浜へ行くと、コースは盛りだくさんである。

1Fから9Fまでの大きなビルに「万葉倶楽部」という文字が見えて来る。昼は結構混んでいるので時間帯は慎重に選んでいこう。

1F〜3Fまでは駐車場で
4Fヒーリングルームやヘアーサロン、アジアンヒーリング、アロマ エステティック、等
5Fリラックスルーム、指圧マッサージ、足流療術、、ネイルコーナ ー
6Fお食事処、万葉庵、宴会、特別室、貸し部屋、家族風呂
7F大浴場、黄土サウナ、塩サウナ、ハーブサウナ、露天風呂、寝湯、ひのき風呂、石風呂

8Fお祭り広場(キッズコーナー)ネットコーナー、
9F展望足湯庭園

お食事処では和食あり、洋食あり、寿司、ケーキ、パン食、
酒の肴などすべてにそろっているところがうれしい。
それにそこらのレストランと何の遜色もない。

特におすすめは万葉庵からの眺望である。
窓からの景色がなんとも素晴らしい。

酒を飲みながらの夜景…観覧車のライティング、港のサーチライト
横浜というイメージを崩すことのない景色はどこかの二流ホテルよりは余程いいと思うが…

温泉は夜景とセットがおすすめです。ただし、温泉と言ってもここは純粋の温泉ではない。
湯河原、熱海から運んでくる温泉なので、輸送温泉と言ったらいいのかな。

いや、温泉という基準を満たしていないので銭湯なのである。
温泉にこだわらず、ここはお湯と施設と料理を楽しむ入浴施設と考えたら
いいのではないでしょうか。


露天風呂からの夜景もすばらしく、どこも広々とゆったりと作られているところが気持ちを豊かにしてくれる。

9Fには展望足湯庭園で足だけ浸かりながらカップルで夜景を見ていると誰しもロマンチックな雰囲気になってくると思うが…

ここまでうまく設定できれば誰しもいい思い出をつくることができる。

何も若いカップルだけではない、お子様ずれにも、お年寄りでも、
熟年カップルでもどなたでも満足いける「万人の湯」であると思う。

温泉にこだわらなければ、いままで行って来た施設の中ではここは
ぜひおすすめのスーパー銭湯です!

●〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港2-7-1/

●TEL:045-663-4126/FAX:045-671-1188
●営業時間:午前10:00〜翌朝9:00まで/23時間営業/年中無休
●専用有料駐車場:226台収容。6時間まで500円、以降30分ごとに100円加算。

※料金

セット入館料(営業時間 午前10:00より〜翌朝9:00まで)
大人(中学生以上) 2,620円
子供(小学生) 1,470円
幼児(3才〜未就学以下) 980円
3才未満無料


posted by ユキさん at 02:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月06日

お台場の観光名所「大江戸温泉物語」

main大江戸1.jpgdaiba_000大江戸.gifimg03大江戸絹.jpgimg06大江戸桶風呂.jpgimg01大江戸温泉.jpg

main大江戸naka中.jpg





【大江戸温泉物語】

     所在地:〒135-0064 東京都江東区青海2-57

          TEL:03-5500-1126

     最寄駅:新交通ゆりかもめ「テレコムセンター」駅

「電車で」

  新交通ゆりかもめ:「テレコムセンター駅」より徒歩約2分

   りんかい線: 「東京テレポート駅」より無料シャトルバス

「車 で」
 首都高速湾岸線:横浜方面からは「臨海副都心出口」より約4分
 千葉方面からは「有明出口」より約7分

 首都高速11号台場線:「台場出口」より約3分

 臨港道路(一般道)でレインボーブリッジを越え、
 「レインボー入り口交差点」より約3分

 羽田空港より一般道で城南島経由、約18分


・当サイトの価格表示は全て税込みです。
・入浴料・タオル・浴衣のセット料金です。(※朝風呂は浴衣なし)

一般料金 大人(中学生以上):2,827円子供(4才〜小学生):1,575円              ※4才未満のお子様は無料
ナイター料金(18:00以降入館の場合)大人(中学生以上):1,987円                  子供(4才〜小学生):1,575円
深夜追加料金(深夜2:00以降在館の場合)  1,575円
朝風呂料金(朝5:00受付開始) 大人(中学生以上):1,567円                  子供(4才〜小学生):840円
駐車場:400台完備
駐車料金:館内ご利用の方1,000円(4時間まで)
 以降30分毎に100円/上限1,500円

VISA・JCB・DC・UC・UFJ・ダイナース・AEON・AMEXが利用可能

※詳細はhttp://www.ooedoonsen.jp/
※無料シャトルバスも出ているので上記HPを参考にしてほしい。
※料金も割引のある会員制度を多いに活用した方がお得である。

ここの大江戸温泉物語はお台場にある。

結構観光化しているのでいつもにぎやかで、地方からも外国からの

お客も多い。ゆっくりとのんびりとお風呂を堪能しようと思う人には

ちょっと個人的にはおすすめはしない。只、ここは風呂上りの一杯

や、食事処にかなり特徴があり、一見の価値はある。屋台風の出店と

言う感じで数十軒並んでいたり一つのフロアとして食事処や居酒屋が

あったりして、コンセプトである「江戸時代」を醸し出している。

ある出店は寿司屋であったり、昔風の駄菓子屋であったりいろいろな

出店に遭遇するところがおもしろい。

特に外国の方には大江戸温泉の華やかさを堪能するには良い観光地の

一つだろう。

また、カップルにもそれなりに思い出に残る楽しみのデートスポット

である。

まあ、東京に住んでいる人は一度は行って、東京の名所にこんなとこ

ろもあるよ、っていうところは押さえておくべきだと思いますが…

いかがでしょう。明日あたり最後のGWにお孫さんと一緒に行かれて

みてはいかがでしょうか。

か。
posted by ユキさん at 03:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月08日

津久井町 青根緑の休暇村「いやしの湯」

DSCN0139.JPG
ここではおそばが旨いと言う。

DSCN0138.JPG
たらの目の天ぷらも旬で旨かった

DSCN0135.JPG
無料休憩所の大広間

iyashinoyu4.jpg
内湯の岩風呂(週によって男女の風呂が入れ替わる)

修正jpg.jpg
内湯

さびしいことだが、今日の風雨で都内の桜は大方、散ってしまったのではないだろうか。

年に一度のはかない命…また来年も咲かせておくれよ桜さん…

と、気を落とすのはまだ早いかもしれない。

4月6日の日曜に出掛けていった桜はまだ満開とは言わず、9分咲き

が多かった。
    
ひょっとしたら今週末くらいまで花見が出来るかもしれない。

今回はそんな淡い期待を抱かせながら、ご紹介したいところは、

「いやしの湯」東京世田谷からおよそ2時間ちょっと…

電車・バス:JR中央本線「藤野駅」から「東野」行きバスで30分
      「奥相模湖」下車、
      JR横浜線・京王相模原線「橋本駅」から「三ヶ木」行き
      バス30分終点

車:中央自動車道、相模湖I.Cから国道20号日蓮入口交差点を左折し  て10キロ相模原橋本より国道413号線で約70分


所在地 〒220-0412 相模原市津久井町青根844

電話番号 042-787-2288 FAX 042-787-2225

開館時間 午前10時〜午後9時

※入館は、終了時間の30分前まで

休館日 毎週火曜日(火曜日が祝日の場合は翌日)ほか

3時間まで  大 人 600円
      小学生 300円
障害児者 300円

1日     大 人 900円
小学生 500円
障害児者 500円
貸切休憩室 3時間 10畳 3,000円 (1室につき)  
※希望者には、受付にてタオル(200円)を販売しています。

天然温泉につかりながら心地よいひとときを過ごす。
木の香り漂う檜風呂、天然石を組み合わせた岩風呂、
山々の緑を眺めながらゆったりと過ごせる露天風呂。
浴室は1週間のローテ−ションでそれぞれ男女のお風呂が入れ替わり、異なる雰囲気を楽しむことができる。


泉質はカルシウム、ナトリウム、硫酸塩泉アルカリ温泉 PH値9.2

匂いはなし、アルカリ温泉だからか、温泉質のヌルヌル感はない。

だからかもしれないが、湯上がりも体から湧き上がるホカホカ感もな

い。

ホントに温泉なんだろうか、という感じである。
 
スチーム風呂はタイルが張ってあり、そこへ皆腰かけて汗をかく。

気になることはその汗を流す、桶も置いてないことである。

村営だから、この辺の農家の人たちが疲れや汗を流しにやって

くる憩いの場所といったところからはじまった温泉なんだろうと思

う。

只、湯上りの楽しみは大広間(無料休憩室)でのビールの一杯!

ここのおすすめは山菜の天ぷらとおそばである。(写真)

今年、最後の花見をご希望ならば、今週末行ってみてはいかがでしょ

うか。
posted by ユキさん at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月30日

一石三鳥?の、よみうりランド「丘の湯」

DSCF16441クロダモン.jpg

DSCF16361丘の湯.jpg

okanoyu_gaikan2丘の湯.jpg

DSCF16351.jpg

okanoyu_04s_m-roten.jpg
             

花見の季節は、都内の公園などどこもいっぱいだ。

そこで今日は、花見も出来て、温泉(白湯)にも浸かれ、

もう一つ欲張れば、遊園地で遊ぶことも出来る。

時間に余裕のない若いカップルや短期に集中して

家族サービスしたい、いずれの方にも楽しめる

一石3鳥のコースをご紹介します。


場所は、東京稲城市にあるよみうりランド「丘の湯」です。

住所:東京都稲城市矢野口3302-8
オープンは2004年3月
電話:044−969−1126
時間:10:00〜24:00
http://okanoyu.com/

     大 人 小 人
平  日 600円 350円
土日祝 700円 400円
※無料駐車場(200台)完備

各交通はインターネットをご参照ください。

私たちは車で、環八から甲州街道を八王子方面めざし、
調布の次の鶴川街道を入ってまっすぐである。
鶴川街道を走ってくると、遠く高台に観覧車が見えてくるので
観覧車を目指してきます。橋を渡れば「丘の湯」の看板
が出てきますのですぐわかると思います。

温泉に入る前に観覧車をバックに桜を撮影し、いざ入浴へ…

19種類のお風呂と2種類のサウナがある。

私はまず、サウナ室へ…少し広めのタワー型サウナは遠赤外線の効果

で皮膚の奥まで浸透。土曜と、花見のシーズンということでお客は結

構満杯だ。

子供連れのお父さんも多かった、やっぱり子供が適当にいてくれた方

が楽しくて、にぎやかでいい。

サウナ室にかわいい幼稚園児だろうか、お父さんに連れられて入って

きたが、10秒もしないうちに息が詰まるのか顔をしかめて出て行

く…その表情がとてもおかしい。

サウナを出て露天岩風呂へ…夕方近くになって桜がライトアップされる。

そこの岩風呂からの桜の眺めが一番、絵になるのである。

数ある温泉の、どんな眺望よりも今のこの時期の桜を眺めながらの入

湯は一番贅沢ではないだろうか。

いやあ、最高だ!出来れば上野の桜のように、桜のトンネルの下で湯

に浸かりたい…

そしてそこで一杯やれれば、それこそ人生で最高の至福のひとときで

あろう。

昼の桜もいいが、ここはライトアップされた夜桜が必見である。

オプションでもう一つ、湯上りのガーデンテラスで喉を潤し、月に夜

桜がセットで付いてくるサービスあり。


若いカップルであれば、遊園地でジェットコースターに観覧車と思いっきり遊びつかれた後での入湯、こんな一石三鳥の、楽しく素敵に1日が過ごせれば、うまく行かないはずはないのである。
posted by ユキさん at 04:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

山中湖「紅富士の湯」

gaikan1beni.jpg

hinoki1beni3.jpg

iwa1beni2.jpg

sauna1benifuji.jpg

bnfj_00013801fuji.jpg

温泉に浸かりながら富士山を眺める、これが私の一番の癒しだと思っている。

今回は、そんな願いを叶えてくれる絶景の温泉をご紹介します。

名前は「紅富士の湯」 場所は山中湖

紅富士の湯は山中湖西側に位置し、山中湖I.Cから車で約3分の場所にある。

東京からへは、東名御殿場ICまで90分、R138号を15分走り、須走IC〜山中湖ICまで10分

合計1時間55分だから、大体2時間で到着という、割とドライブも楽しめて、温泉と景観も楽しめる一石三鳥のコースである。

2007年4月から人気の岩盤浴も完成!

泉質は、アルカリ性単純温泉、水素イオン濃度(ph)9.7の 、良質な天然温泉とあるが、匂いはあまりない。色は薄い玄米茶風である。

内湯とサウナから10メートルほど離れたところに絶景の富士山の見れる露天風呂がある。

一つは42度、もう一つは少しぬるめの湯で38度〜39度くらいだろうか、頭にタオルを置いて、富士を眺める!う〜ん絶景だ!
日が落ちかけては来たが、念願の富士山が見れてよかった。

マッサージ効果のある「圧注浴 (ジェットバス)」・「気泡浴」。 眺望に恵まれ自然に溶けてしまいそうな「外湯浴(露天風呂)」。
心肺に負担をかけず高アルカリの源泉効能が最適条件で得られる「寝湯」。 「サウナ浴(ドライサウナ)」、「蒸気浴(ミストサウナ)」、持続浴(源泉ぬる湯)」の温度差による「交替浴」。
いろいろな入浴を楽しめる。

湯から上がって大広間へ、家族連れも結構多く、飲食もバリエーションもそろって1日ゆっくり出来る憩いの場、といったところだろうか。


■住所  山梨県都留郡山中湖村山中865−776

■TEL 0555−20−2700

■URL http://www.benifuji.co.jp

■営業時間
  ・午前10時から午後9時まで(最終受付は午後8時30分)
  ・冬季限定 12月〜3月(土・日・祝日のみ)
    午前6時から午後9時まで(最終受付は午後8時30分)
■ 料金
  大人700円 学生500円 小学生200円 小学生未満は無料
   ※個室の使用は3時間まで3,000円、その後1時間超えるごとに1,000円加算。
   ※大人4名様からの受付となる。
■定休日
  毎週火曜日(7月8月は無休、祝日・年末年始は営業
posted by ユキさん at 19:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
img017.jpg
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。